2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

Twitter

« 日光中禅寺湖 中途半端でUターン | トップページ | 江戸川CRついでに東京港臨海大橋 »

那須烏山から里山をめぐる

2010/09/19

ルートマップ

先週の日光に続き、栃木シリーズ。
バックナンバーで入手した「自転車人2008年秋号」に紹介されていたコースを走ってみた。

連休で自宅からだったので、今回は楽して車載輪行。
自宅から約2時間。那須烏山に到着。電車ではJR宇都宮駅からJR烏山線で終点です。
車を停められる公園を探し早速準備。

Rimg1864
車載方法は、以前書いたこちら車載キャリア(ミノウラ VIRGO EXCEL-S)を参照。

Rimg1865
公園を出るとすぐに那珂川に架かる烏山大橋を渡る。

Rimg1866
橋を渡るとすぐに上り坂が続く。

Rimg1868 Rimg1869
アップダウンを繰り返し、いくつか目の急な上りの頂点は、栃木県と茨城県の県境だ。
また続く急坂を一気に下ると里山の風景が広がる。

Rimg1871
通り沿いに見つけた八里小学校。廃校となるのだろう。

Rimg1872
そしてまた急坂を上り、急坂を下る。

Rimg1873 Rimg1875
下りきったところで国道293号を渡り、しばらく緒川沿いを上る。
道はどんどん狭くなり車はほとんど通らない。

Rimg1879 Rimg1877
少し道の開けたところで昼休憩。日影を探し地べたに座り込む。
本日は、バッグ(RIXEN&KAUL フリーパック メタ2)装着。
重心が後ろに掛かってしまい上り坂には向いてないかも。
上りは外して背負った方が楽だった。

Rimg1880
昼休憩から程なく急坂を上りきると、烏帽子掛峠である。
ここは茨城県から栃木県への県境だった。

その後、ちょっと下りまたすぐ急な上り。
一部ダートもあり、歩くような速度でなんとか上った正面に突然鳥居出現。
Rimg1881
鷲子山上神社(トリノコサンジョウジンシャ)というらしい。
この鳥居に向かって左手にも別の鳥居。
Rimg1882 Rimg1883
鳥居の下には日本一の大フクロウとの看板。
確かに石段の先に大きなフクロウ。
すでに脚がいっぱいいっぱいでこの石段を見た瞬間に参拝は断念したのだが、
帰ってから調べてみると、

大フクロウの中心に不苦労御柱があります。この御柱は…
  「苦労や悩みをたたき出し、図上の大フクロウに運 び去ってもらい、金運福徳・開運幸福を大フクロウに運んで来てもらいます。」
という柱です。
高額宝くじが当たった、温泉が出た、商売が繁盛した等、金運にまつわる幸運の話題が絶えない不思議な御柱です。
笑顔で、不苦労御柱をたたきましょう。

とのこと。。。
うーん、失敗した。御柱をたたくべきだったorz

ここから約10キロの快適なダウンヒルを楽しみ、出発点の公園へゴール。

紹介記事ではのんびり楽しめるコースのようだったが、貧脚の僕にとってはなかなかアップダウンの厳しいコースだった。
ただ、ところどころに突然現れる山合の集落では、そこここで稲刈りが行われていて、いよいよ暑かった夏も終わりだななどと思いながら、のどかな里山の風景を満喫できました。
また秋深まった頃にも走ってみたくなる自転車旅を実感できるコースでした。
そうそう、次は不苦労御柱もたたかなくては。。。

開始日時 2010/09/19 09:28:43 終了日時 2010/09/19 14:07:30
水平距離 58.21km 沿面距離 58.50km
経過時間 4時間38分47秒 移動時間 3時間43分41秒
全体平均速度 12.6km/h 移動平均速度 15.7km/h
最高速度 55.1km/h 総上昇量 953m
最高高度 467m 最低高度 68m

ルートマップ

 

« 日光中禅寺湖 中途半端でUターン | トップページ | 江戸川CRついでに東京港臨海大橋 »

」カテゴリの記事

旅の記録」カテゴリの記事

輪行」カテゴリの記事

関東」カテゴリの記事

コメント

車載、良いですね!
生憎うちの車はセダンですし、キャリアも付けてないので、輪行同様畳んでトランクに寝かせて運ぶしかありませんが、これも是非やってみたいことのひとつです。

3連休は関東もそれほど暑くはなかったので、栃木・茨城の山間はさぞかし涼しかったことでしょう。 これから冬にかけては降雪のリスクもありますので、山は今の内に楽しんでおいた方が良さそうですね。(って、登り坂嫌いですけど:苦笑)

>Muirwoodsさん

うちは子供が自分の車を持つようになり、大きな車が不要になり経済的な軽に買い換えた次第です。
自転車を始める前に買ったのですが、最近の軽は車内が広くいい感じに収まりラッキーでした。

これから冬になるまでのちょっとの間が山に最適な期間ですね。
今回のコースはまた行ってみようと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1280207/36839826

この記事へのトラックバック一覧です: 那須烏山から里山をめぐる:

« 日光中禅寺湖 中途半端でUターン | トップページ | 江戸川CRついでに東京港臨海大橋 »