2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

Twitter

« 江戸川CRついでに東京港臨海大橋 | トップページ | 湘南周遊 雨で撤収 »

一周年記念ライド(軽井沢~東京センチュリー)

2010/10/11

ルートマップ

昨年、自転車を購入してのつくば初ツーリングよりちょうど1年。
この3連休でなにか一周年記念になるようなコースをと考えていたが、9日10日は天気が悪く、最終日の11日に賭けてコースを検討してすごした。

そして決めた目的地は軽井沢。
最近読んだ自転車雑誌に載っていた景色がよかったのでという単純な理由で決定。
長野新幹線あさまで軽井沢まで輪行→ひたすらダウンヒル
帰りは走れるところまで走って輪行。高崎か熊谷あたりか。。。
という大胆かつ大雑把な計画。

まず最初の課題は、東京駅から出発するか上野駅から乗り込むか。
東京駅:上野よりは遠い。新幹線ホームへの移動は楽。輪行準備場所未確認。
上野駅:東京よりは近い。新幹線ホームは地下深く大変そう。輪行準備場所確認済。
結局近くて周辺もよくわかっている上野を選択。移動は根性でがんばることに。

大胆計画のわりに小心者の僕は新幹線輪行は初ということで安全策をとり、えきねっとで指定席を確保。
あちこちの輪行ネタで紹介されているように車両の最後部。
始発のあさまを確保したので、あとは寝過ごさないようにするだけ。

駅で輪行の準備となると何があるかわからないので、余裕を持って出発時間を設定。
アパートから上野駅まではすぐだが、やや余裕を持って。
輪行パッケージももう慣れているのだが念のため、やや余裕を持って。
駅の移動もエスカレータもエレベータもあるだろうけどここもひとつ、やや余裕を持って。
余裕+余裕+余裕の超安全設定。

当日朝、小学生の遠足状態で予定よりも早く目覚め、余裕×3が余裕×4に。
ゆっくりコーヒーを飲む余裕をかまし出発したのは4時半。まだ暗い。
すぐに上野駅に到着。余裕その1は不要でした。
新幹線ホームへの移動を考え、浅草口でパッケージング開始。
歩道のそこここに寝ている方多数。
邪魔にならないようにやや広く開いているところを見つける。
Rimg1915

目の前の交番のお巡りさんがじっと見つめる中、作業開始。
そのうちお巡りさんが寄ってきた。ん?この場所まずいのか?
違った。興味があっただけのよう。
タイヤを外す様子をじっとみてあれこれ確認。
どこまで行くのか。よくあちこち行くのか。自転車はいくらくらいするのか。
輪行しているとあちこちで質問される内容一式。

そこに路上で目覚めたおじさん数名。
お巡りさんとは顔見知りらしく。会話に参加。
どこまで行くのか。よくあちこち行くのか。自転車はいくらくらいするのか。。。
ところどころお巡りさんが回答(笑)
自転車をバラす手順ひとつひとつに質問がとび、答えながら作業をすすめる。
臨時輪行講座状態。
そしてなんとか準備完了。
Rimg1916
思わず拍手でもされるのではという雰囲気で一同ホーッと息を吐き出す。
息をつめて見ていただいていたのだろうか^^;
ここでは余裕その2が効きました。30分近く掛かってしまった。

そして、お巡りさん+路上の人々と行ってきます、気をつけての挨拶を交わし、通り過ぎる一般の方のこの人たちどんな関係?の疑問の視線にも見送られやっと改札へ。

Rimg1917
中央改札を抜けるとすぐ右奥に新幹線改札。

Rimg1918
が、すべてレッドシグナル。前日見たF1のスタート状態。
なんで?と思ってカメラを構えた途端に次々とグリーンシグナルに。
時間が早すぎたようです。

Rimg1921 Rimg1924
エスカレータとエレベータを乗り継ぎ、あっという間に誰もいないホームへ。
改札一番で通ったのだから誰もいないのは当たり前。
確かに地下は深いけど、他の人で混雑していなければすんなり降りれることを確認。
余裕その3は不要でした。
ということで、6:30発の新幹線にはまだ1時間もあるという余裕ぶり。
時間を潰せるようなものは何もなく、回送として停まっていた車両の窓から中を覗き自転車を置く場所を確認したりフラフラ。

やっと、あさま501号が入線し車内に落ち着く。
座席後ろに先客がいたらどうしようとか、デッキまで荷物があったらどうしようとかあれこれ心配していたが、乗ってみればガラガラ。
Rimg1927
2列側のシート後ろにスッポリ収まった。
横型輪行バックだがこんな時縦置きにするためエンド金具は必須です。

出発するとあっという間に軽井沢到着。新幹線では1時間。
うーん普通に通勤時間距離だ。。。

Rimg1936 Rimg1933
立派な駅舎になっている。知らなかった。
記憶にあるのは右に残る旧駅舎。こちらの方が軽井沢のイメージに合いますね。
高崎まではいい天気だったが、軽井沢は曇っていて寒い。
まだ時間が早いからか人もほとんどおらず町も寒い。

このままR18旧道でひたすら下りを楽しむ予定だったが、やはり下りだけではいかん。
転がり落ちるだけの人生なんてとわけのわからないことを考えながら、ちょっとだけ上ろうと、旧碓氷峠に向かう。

Rimg1937 Rimg1938
閑散とした町中を抜ける。気温は13度。

Rimg1940
上るにつれだんだんモヤがかかっている。

Rimg1941 Rimg1943
そして峠到着。県境が通っているそば屋。ちょっと先には分水嶺の立て札。

ここから、R18旧道の碓氷峠へ下る。
Rimg1945 Rimg1948
濡れた落ち葉でタイヤがすべりあまりスピードが出せない。本日の装い。

Rimg1949 Rimg1950
遠く見える山はまだ雲の中だが、しばらく下ると陽が射してきた。
これだけでかなり暖かい。太陽ってすごい。

Rimg1951
R18に合流。もうここはかなり晴れている。

Rimg1953 Rimg1954
C=182の標識。カーブの数である。確か184あるはずだがあと2つは合流の先にあったか。
東京、高崎の標識登場。高崎までは行けるだろう。

Rimg1955 Rimg1960
Rimg1961 Rimg1964
廃線となった信越本線時代のトンネルや橋が次々と現れる。
そして開けたところに、今回の目的のひとつ、めがね橋が現れた。
Rimg1966 Rimg1987
Rimg1967 Rimg1969
雑誌で見た景色。やはり実物の方が素晴らしい。(当たり前か)
レンガで積み上げられたアーチが美しい。

Rimg1980 Rimg1974
Rimg1976 Rimg1982
橋の上は遊歩道になっていて横川駅まで続いているらしい。
残念ながら自転車は通行できないため登って写真だけ撮った。

あとは一気に下るだけ。
Rimg1990 Rimg1991
途中に見える碓氷湖。第1カーブ標識。

Rimg1993 Rimg1997
そして横川駅に到着。駅の向こう側には鉄道文化村がある。
横川-軽井沢間が廃線となり、現在はここ横川が信越本線の終点となる。

Rimg2001 Rimg1998_2
横川と言えばやはり釜飯ということで、駅前のテントで早めの昼食。
まだ昼には早く、バイト(多分)の女の子がヒマそうに売っていた。

Rimg1999 Rimg2000
いただきま~す。ごちそうさま。あっという間に完食。

あとはひたすら走るだけ。行けるところまでチャリチャリいくよ~。
Rimg2002
険しい山は妙義山か。

Rimg2005
安中の象徴、精錬所。
子どもの頃、夜に車で通ったときには何か不気味で怖かった記憶がある。
煙が出ている、まだ稼動していたとは驚きだ。

Rimg2007
高崎、聖石橋より赤城山を望む。
まだ12:30、まだ走ろう。

R18からR17に乗り換え進むと、上里あたりで、
Rimg2009
パンク。初パンクである。一周年記念日に初パンクとは。。。
高校時代チャリ旅行以来30数年ぶりのパンク修理である^^;
ただ当時とは違いチューブ交換なのであっという間に完了。
細い針金のようなものが刺さっていた。
高校時代は道端でパッチを当てて修理したものだ。

その後ひたすら進み、熊谷に到着。
16:00まだ脚は残っている。
Rimg2012
荒川に出て行けるところまでサイクリングコースを走ってみることにした。
高崎線が並行しているので、いつでも離脱して輪行できる安心感がある。

Pano_2
16:45吹上パノラマ公園。陽が沈んでしまう・・・
さてどうしよう。あと50kmくらいか。
時間は早いんだけど、暗くなってしまうし、でもここまできて輪行もな、etc.
まあ走ってみよう。ここまできたらアパートまで行きたい。

ライトを装備し、荒サイを進む。
Rimg2033 Rimg2036
17:45すでに真っ暗。
サイクリングロードは夜は本当に真っ暗になりこれ以上進むのは危険だ。
ローディーさんも何台かすれちがったが、ここを初めて走る僕は、帰ってログを吸い出すまでどこを走っているかもよくわからなかった。

入間大橋を渡ったところで一般道に出た。
ここからは明かりはあるが、車との戦いだ。
選んだコースが悪いのか、道が狭いのに車が多い。
さいたま市方面への標識を頼りにひたすら進む。

Rimg2039
19:16新大宮バイパスの三橋三丁目の交差点に出た。
やっとどこにいるかわかった(>_<)

ここから約25km。
脚は売り切れ、途中で吉野家に寄ったり、ゆっくりゆっくりとにかく進む。
21:30過ぎに田端アパートに到着。161km。
予定は帰りも輪行だったが、なんとかふんばり想定外の一周年記念センチュリーライドになった。(ダウンヒルオンリー参考記録ってことで)

去年一緒にスタートした、チャリ仲間のぐっちぃさんが今年に入って、仕事が立て込んでおり自転車は休業中で、一人での一周年記念ライドとなったが、何とか二人分走りました。
まあ仕事あっての自転車、家族あっての自転車なので、なによりこの時期仕事があるのはいいことです。
仕事を無事乗り切って、復活をお待ちしております。

さすがに自転車もあちこちギシギシいいだしてきた。
そろそろプロに大々的なメンテをお願いしなくてはいけないか。。。

う~ん、ちょっとレポート長すぎましたm(__)m


開始日時 2010/10/11 08:05:02 終了日時 2010/10/11 21:37:00
水平距離 160.88km 沿面距離 161.22km
経過時間 13時間31分58秒 移動時間 10時間03分50秒
全体平均速度 11.9km/h 移動平均速度 16.0km/h
最高速度 44.7km/h 総上昇量 732m
最高高度 1228m 最低高度 -14m

ルートマップ

« 江戸川CRついでに東京港臨海大橋 | トップページ | 湘南周遊 雨で撤収 »

」カテゴリの記事

旅の記録」カテゴリの記事

輪行」カテゴリの記事

関東」カテゴリの記事

コメント

うっちぃさん、センチュリーライドお疲れ様でした!!

そのルート、ちょっと真似してみたくなりました。
廃線になった信越本線とか、分水嶺とか、とても惹かれます。
しかも、登りが少なくダウンヒルが多いっても最高ですね!!

高崎からは北風に押されましたか?
冬は北風基調なので、往路輪行が良さそうですね。

絶対真似してみよー!!
でも、僕は夜のCRは怖いので、ずっと17号線で自動車とレース展開します(笑)

30年ぶりのパンク修理でしたか!!
僕も今年(生まれて初めての)パンク修理を2回やりました。
チューブ交換だけだと楽ですよね。(初回は汗だくでしたけど)

>Muirwoodsさん
 
はい、このルートお薦めです!
走れるし、見所もあるしで楽しめます。
この日は残念ながらやや向かい風でした。
これからの季節は風に押してもらえそうですね。
 
夜のCRはオススメできません。ほんと怖すぎます。
周りが見えず危険なのでスピードも出せず、いいことなしです。
でも、Muirwoodsさんのスピード+北風があれば
暗くなる前に荒サイで一気に戻ってこれますよ!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1280207/37208012

この記事へのトラックバック一覧です: 一周年記念ライド(軽井沢~東京センチュリー):

« 江戸川CRついでに東京港臨海大橋 | トップページ | 湘南周遊 雨で撤収 »