2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

Twitter

« 都内公園巡り(直線の荒玉水道道路を走る) | トップページ | 横浜でっかいお買い物 »

南房総ぐるり(帰りは初バス輪行)

2011/12/23(金)

ルートマップ

今月に入ってから週末はなにかとイベントがあり、やっと走れると思ったらすでに年末。一年は早いなぁなどとベタな感想をもらしつつ、コースを検討。
いつも走っているような山の中はすでに寒そうなので、今回は「関東周辺スポーツサイクリングコースガイド」 から「房総半島の隠れた古道を散策し、シーサイドコースを走る」というコースをそのまま走ってみた。

東京駅まで自走し、東京駅-(京葉線)-蘇我駅-(内房線)-富浦駅まで輪行。

Rimg4048
京葉線へは国際フォーラム側の入り口が便利。写真は東京駅と有楽町駅のちょうど中間あたりの京葉線2番出口。ちょっと長い階段ではあるが直接京葉線直結の改札へ出られる。普通に東京駅から入るととんでもなく歩くことになってしまう。

Rimg4049
改札を抜けてホームはここから更に1階降りる。
休日06:07発の京葉線は予想以上に込んでいた。と思ったら舞浜でかなりの人が降りたので、きっとディズニーリゾートな人達ですね。こんな早朝からすごい。

Rimg4052 Rimg4054
約2時間半の電車旅の後、富浦駅に到着。あれこれ準備をし9時に出発。

Rimg4057
15分ほど走ると崖の上にお堂が見えた。そのまんま崖観音というらしい。登るには大変そうなので、写真だけ撮ってスルー。

Rimg4058
10km程走ると直線道路(安房グリーンライン)に出る。この直線は約2km続く。

Rimg4062 Rimg4065
グリーンラインを外れ内房線沿いに遠回りし再びグリーンラインに出た所で旧道に入ると小松寺がある。ここからはしばらく雰囲気のある古道を進む。

Rimg4069
ちょっと広い道路に出ると現れるトンネル。

Rimg4070 Rimg4072
事前に確認したコースガイドは安房グリーンライン開通前の記事のようで、古道がすでにバイパスに変わっていたりで、予定のコースが探せないが迷いながらなるべく旧道を探して走る。

Rimg4073
コースガイドに載っていた手掘りの隧道は通ることができた。

Rimg4076 Rimg4077
そしてついに旧道は通行止め(写真右の道)となってしまい、しかたなくグリーンライン(写真左の道)を進み、長めのトンネルを抜けるとすぐに海に出る。

Rimg4081
晴れの予報はハズレ、どんどん雲は厚くなってしまった。

Rimg4084
海岸沿いを走り野島崎灯台に到着。冬なこともあり観光客はほとんどいない。
遊歩道を歩くと、「房総半島最南端の地」に到着。

Rimg4093 Rimg4094
海岸沿いの道路は、自転車道らしき道が併設されている。しばらく進み房総フラワーラインに入ると道路脇が、歩行者&自転車道。が、、、

Rimg4097 Rimg4098
ところどころ砂に埋もれていて、深い所では走れないほどタイヤがとられてしまう。車も少ないので車道を走った方がよさそうだ。

Rimg4102
曇っているがなんとか伊豆大島や利島が見える。大島って伊豆の先の方と勝手に思っていたが、改めて地図で確認すると房総半島と伊豆半島の間にあることがわかり、こんなに近くに見えるのも納得。

Rimg4103 Rimg4104
洲崎灯台の手前にある洲崎神社。この階段、魅力的であったがここも登らずにスルー。走り終わってから思ったが、今回のルートは楽だったので、やはり登って上から海を眺めてみたかったとちょっと後悔した。

Rimg4108 Rimg4109
洲崎灯台は下まで行ってみたのだが、最後は狭い階段になっていたのでここもスルーし、道路から写真のみ。
そして道路沿いになにやら屋根に守られた井戸。「矢尻の井戸」と書いてあった。帰ってから調べてみると平治の乱の後洲崎に上陸した源頼朝が矢尻で突くと湧きでてきたという由緒ある井戸らしいです。
この後、向かい風に押し戻されながら海岸沿いを走り、14:30館山駅に到着。

ここから出ている東京行きの高速バスには折りたたみ自転車が乗せられることは事前のネット情報で知っていたが、折りたたみでない輪行状態の自転車が乗せられるかは調べても不明だったので、JRバス案内所で窓口のお姉さんに訊いてみると、あっさりOK。というかなんでそんな当たり前のこと訊くの?といった感じ。要するに正確に折りたたんであるかどうかではなく、専用のバッグに入っていればよいとのことらしい。手荷物料金¥500は必要です。
HPの案内もそう変えておいてほしいぞと思ったが、さすが自転車だらけになると収納スペースの関係で困るのでに不必要に利用者を増やさないために敢えて折りたたみのみとしているのかどうかは不明です。
とはいえ、自転車は車体横のトランクスペースに横置きに入れられるだけなので、フレームの傷とか気にされる方はお勧めできません。

Rimg4112 Rimg4117
ということで帰りはゆったりバスの旅。アクアラインから見えた東京方面は雲がなく晴れていたようだ。曇っていたのは房総南端のみだったか。

Rimg4119
2時間弱で東京駅日本橋口到着。輪行バッグ担ぎ電車乗り換えながら来るよりも時間も短い。この横に見える収納スペースに積まれてきました。

Rimg4123 Rimg4125
自転車組み立てて、クリスマスチックな丸の内を寄り道しながら帰った。

バス移動がこんなに楽だと房総方面は行きもバスにしたくなりました。座席指定なので事前予約か当日席が空いていればということになりますが。
今回利用したのは、「ジェイアールバス関東の房総なのはな号」 でした。

さて、年内はこれで走り納めかな。
年末休みに入ったらもう一度くらい走れるかどうか微妙です。。。

開始日時 2011/12/23 09:00:52 終了日時 2011/12/23 14:31:34
水平距離 62.07km 沿面距離 62.28km
経過時間 5時間32分24秒 移動時間 3時間36分49秒
全体平均速度 11.2km/h 移動平均速度 17.2km/h
最高速度 35.8km/h 昇降量合計 662m
総上昇量 334m 総下降量 328m
最高高度 114m 最低高度 -10m

ルートマップ

« 都内公園巡り(直線の荒玉水道道路を走る) | トップページ | 横浜でっかいお買い物 »

旅の記録」カテゴリの記事

輪行」カテゴリの記事

関東」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1280207/43509914

この記事へのトラックバック一覧です: 南房総ぐるり(帰りは初バス輪行):

« 都内公園巡り(直線の荒玉水道道路を走る) | トップページ | 横浜でっかいお買い物 »