2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

Twitter

« 折りたためない小径車の輪行バッグ考 | トップページ | スッキリと2台収納(ミノウラ BIKE PIT2) »

ニューバイク Tyrell FX 紹介

これ欲しいっ!
と思ってから、あまり悩まずに購入してしまった、Tyrell FX。

横浜GCSさんで初めて実物を見て、試乗して、そのまま注文。
帰ってじっくり考えても、おそらく買うだろう。いや、絶対買うな。と、さすがに50年以上生きてくると自分の性格は、よくわかっている。なので、即注文。

即決した気持ちが讃岐まで届いたからかどうかはわからないが、完成も早かった。一週間(実際には5日)でお店に届いた。GCSさんも早くてビックリとのことでした。

基本形はこちら。
標準色の中からシルバーをチョイス。
GCSさんには全色揃っていたので実物で選ぶことができた。
Tyrell_fx_silver_2

 

上をベースにあれこれしたら、こんなんなりました。
ずいぶん雰囲気が変わりました。
Rimg4233

 

Rimg4215 Rimg4183
タイレルの特徴、ストラントデザインとよばれるフレーム形状。
しっかりJAPAN讃岐の文字とカドワキ製パウダーコーティングの証。

Rimg4199 Rimg4227
リア折りたたみのためのシートステージョイント部と、BBの下にリアホイールを回転させるためのピポット。

ここからは、変更部分。
コンポーネント】これはベースとしてTiagraと105の2グレードがあり、標準はTiagraとなるが、せっかくなら良い方をということで105モデルを選択。 

Rimg4188 Rimg4191
【フロントフォーク】シルバーには赤のフォークのセットが基本なのだが、これは他のカラーで使われている黒に交換。
【ホイール】基本のシルバーから赤に交換。フロントフォークの黒とも相性バッチリ。

Rimg4187 Rimg4185
【ハンドル】ドロップハンドルとも迷ったが、ブルホーンバーに変更。特に大きな意味はないが、なんとなく皆さんのブログを参考に形で選んだ。これが一番雰囲気を変えているか。
【シフター】ここまできたらということでSTIに。横浜で受け取ってから40キロほど走ったのがSTI初体験だったが、これは選んでよかった。ブル+STIの乗りやすさは想像以上だった。

Rimg4219
【フロントギア】ダブルに変更。これは、輪行で大好きな峠(これまでのようなダートはダメかもだけど)も行くだろうと、必須だった。

Rimg4224
【スタンド】最近の方はほとんどスタンドを付けていないが、これはやはり必要。折りたたんでも邪魔にならないサイズのものがオプションで用意されていた。
リアブレーキがおもしろいところに付いている。

Rimg4238
【ペダル】標準は写真下のWellgo C139。試乗車がこれだったのだが、大きいペダルに慣れていたので、なんとも小さくて踏み込みづらかった。折りたたみ輪行時にこのコンパクトさが有効なのかもしれないがこれはどうしても気になった。
アップチャージで取り外し可能な、Wellgo QRD-C139も用意されているが、どうせ取り外しできるものなら、これまでのPROG号とアダプタ互換があるものということで、三ヶ島Esprit-Ezy Superiorにしてもらった。
200g程度重くなるが、このくらいの重量差であれば迷わず乗り心地(踏み心地)を選ぶ。

Rimg4192_2 Rimg1131
PROG号のExim-Ezy Superiorと簡単に付け替えることができる。(実際にそうするかは今のところ?であるが)

主な変更点はこんなところ。
ハンドルやフロントダブルなど、まずは基本形で購入してから徐々にアップグレードという方もいると思うが、自分はダメです。買ってしまったら、後からあれこれというのはおそらくやらない、というかできないと思う。
費用的にも、ちょこちょこと出費していくよりはまとめて一気にの方が考えやすい。まあ、これは性格ということで。
なので、初めから思い切ってあれもこれも状態。もうお腹いっぱいですw

Rimg4201_2 Rimg4228_2
すでにいろいろなところで塗装と溶接の綺麗さが取り上げられているが、確かに美しい。
それにこの曲線。見る角度を変えると、横から見たストラントの直線的な姿とは異なり、なんとも美しい曲線美が現れる。
このカーブがアルミフレームの乗り心地の硬さを緩和しているんだとかなんとか。って受け売りです。僕に乗り心地などわかるわけもなく。そう思って乗っていればそんな気がして気持ちいい。

さて、眺めるのはこれくらいにして、思いきり走れるのはいつになるのか・・・
せっかくなので輪行かな。タイレルでもチャリチャリいくよ~。

« 折りたためない小径車の輪行バッグ考 | トップページ | スッキリと2台収納(ミノウラ BIKE PIT2) »

装備」カテゴリの記事

コメント

Tyrell FX デビューおめでとうございます
私も昨年GCSで購入しました
年齢も近いみたいで、なんか親近感が沸き、コメントを入れさせていただきました。

もしよろしければ、うちのサイトやブログにもお立ち寄りください。

http://taka1451.web.fc2.com
http://taka1451.tumblr.com

>Walking Bicyclesさん

コメントありがとうございます!
サイト&ブログ拝見させていただきました。
輪行等、興味ある情報満載で、参考にさせていただきます。
今後とも、よろしくお願いします。
いつかは、FX新幹線輪行で青森へも。。。

>うっちぃさん

ありがとうございます。こちらこそよろしくお願いします。
ちなみに私は、東京タワーの翌年の1月生まれです。
で、ブログの写真を拝見させていただきました。
うちのFXとロッド違うみたいですので、
改良型のチェーンストッパーが付くはずです。
GCS の店長さんとお話してみたらどうでしょう。
ちなみにこちらに届いたものは、本日郵送する予定です。

あと、まだブログにあげてませんが
シートポスト周りからの異音問題もありました。
原因は、シートバインダ。
写真を見る限りは、改良版が付いていると思いますが、
万が一シッティングで異音が出たときは、ご確認ください。

>Walking Bicyclesさん

おー、同級生ですね。Walking Bicyclesさんの前年12月生まれです(^^)

さて、うちのFXのチェーンストッパーは、フロントダブル用ということでダウンチューブ(下の太い方)の下側についています。
細いチューブの下側には、フロントシングルでも付いているものがそのまま付いています。
フロントダブル用は、折りたたんで固定するためにピンを差し込むと、うまいことチェーンリングを押さえる位置になります。(文章ではわかりづらいですね^^; どこかで画像アップします)
といってもまだ部屋であれこれしているだけで実践ないので、ちょっと様子を見てみたいと思います。
シートバインダは、Walking Bicyclesさんのブログ確認させていただいたところ、新型のようです。

いろいろと情報ありがとうございます。

やはり同級生でしたか。ほんとこれからもよろしくです。
で、チェーンストッパーですが
うちのもダウンチューブ下の細い棒タイプで
アウター56Tでは、折りたたむとき
チェーンステーと一緒にピンを刺すのがギリギリなんです。
それで、ショップとメーカーに相談したんですが、
できたのが、これです

http://taka1451.tumblr.com/post/18066865409/fx

ただ、この改良型のチェーンストッパーは、
うちのセカンドロッドのように、細いチューブの台座が上にあるのでは無理で
うっちいさんとこの新型ロッドには付きます。

ちなみに今、細いチューブに付いているストッパーは、
フロントシングル用ですので、フロントダブルでは意味ないです。
あくまでも走行中の脱落防止のストッパーですから。
ちなみにうちではストッパーを外してネジだけにしてます。

>Walking Bicyclesさん

>アウター56Tでは、折りたたむとき
>チェーンステーと一緒にピンを刺すのがギリギリなんです。
なるほどなるほど、すいませんやっとわかりました^^;
うちは53Tなので大丈夫なのかもしれません。
確かにチェーンリング今より大きいとピンを刺すところの角度というか
あそこのところが苦しくなってしまうわけですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1280207/44093058

この記事へのトラックバック一覧です: ニューバイク Tyrell FX 紹介:

« 折りたためない小径車の輪行バッグ考 | トップページ | スッキリと2台収納(ミノウラ BIKE PIT2) »