2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

Twitter

« 久しぶりの本気モード 飯能(正丸峠-刈場坂峠-定峰峠)西武秩父 | トップページ | 小湊鉄道~いすみ鉄道に沿って房総横断(五井~御宿) »

念願かなって 嶺方峠で絶景満喫

2012/04/29(日)

ルートマップ


さてGW、どうも後半戦は天気が今ひとつらしいということで、晴れ予報の29日にターゲットを定め、前日に急遽計画を立ててバタバタ準備。
30日も休みでゆっくり休養できるので、多少タフなコースでも大丈夫だろうと、自転車雑誌やら、あちこちのブログやらで紹介されている北アルプスの景色を見るために嶺方峠にアタック。

スタートは長野駅なので、長野新幹線あさまの始発を利用。前日夜ではさすがに指定最後列はとれず、始発駅の東京で早めに並んで自由席で行くことにした。

P1000045_r
朝5時半の田端駅。平日はこの時間すでに通勤客が多いが、休日のこの日はまだちらほら、京浜東北線もガラガラで輪行も迷惑にならない。
東京駅、始発あさまには先頭に並んで、のんびり入線を待つ。輪行バッグを持った同業者さんも5,6人見かけた。

P1000047_r P1000048_r
お約束の場所に自転車を置き、終点長野までのんびり。通路を挟んだ隣の同業者さんは、本日渋峠、明日は嶺方峠とのこと、すごい人もいる。

P1000051_r P1000056_r
長野は今が桜満開。ただこの日は春を通り越して夏。Tシャツ1枚でも汗が止まらない。
アップダウンを繰り返しながら、じわじわと標高を上げていく。

P1000059_r
峠までのほぼ半分、約20kmで鬼無里に到着。小さな祭りに出会った。
峠まではあと20kmで400m上る。

P1000071_r P1000067_r
峠に向けて勾配がややきつくなる辺りで、蕎麦屋の看板を見つけ早めの昼休憩。
観音そばという古民家風の店で、もりそばを食べ最後の上りへ。

P1000072_r
見えた、これだ、このトンネルだ。ドキドキしながらゆっくり進む。
そして、ドーン、見えた!
P1000074_r_2
あら、そこ、そこにクルマ停めるかな。。。
って、自分も自転車とめるんだから人のこと言えないですね。。。

そしてトンネルを抜けると、
P1000078_stitch_r_2
北アルプスの山々。素晴らしい景色が広がる。

P1000080_r

P1000083_r P1000086_r
しばし撮影大会。ウロウロしているうちにバイクの集団が^^;

さてここからは、白馬まで、8km、標高差400mのダウンヒル。
クルマも少なく気持ちいい下りは、あっという間だ。

P1000091_r P1000093_r
わずか20分で白馬村に到着。
桜と雪山、ここからの景色も素晴らしい。
写真では春の雰囲気だか、白馬の道路沿いにあった気温表示は26度だった^^;

ここから先はノープランだったため、景色を眺めながら検討。
白馬から輪行して帰る、松本までさらに頑張って走る、どこか温泉でも泊まって帰る・・・
松本方面へは下り基調のようなので、しばらく走ってから改めて考えることにした。

P1000097_r P1000098_r
青木湖。中綱湖を経由し、安曇野方面へ。

P1000101_r P1000104_r
走りやすい千国街道を進み、穂高川を渡ったところで川沿いの小道に入ってみた。
のんびりと気持ちのよい道が続く。途中にあった早春賦の碑。
「♪春は名のみの風の寒さや・・・」
早春賦は遅い安曇野の春を待ちわびる思いを詩にしたということでここに建てられたとの説明があった。

P1000107_r
わさび田と一面の草地を前に、改めてプラン検討。
温泉一泊案は検索でよさそうな宿がみつからず却下。

となると輪行して帰り。ここまで来ると、帰りは松本からあずさしか頭に浮かばなかったが、検索してみると、最寄りの篠ノ井線明科駅から松本とは逆方面の長野に出て新幹線で帰る方が早いことがわかった。
また、あずさは混雑で輪行きつそうな話が多く(まだ未挑戦だけど)、長野あさまなら始発駅なのでその心配もなさそうなので、長野経由に決定。

P1000110_r P1000112_r
明科駅には1時間に一本の電車にちょうど10分前に到着。さっさとパッケージングして、ホームではお約束のポツン。

ローカル線を楽しみ、長野駅に到着。
GWだというのに、観光地長野だというのに、観光して帰るのにちょうどよい20時ちょい前だというのに、
P1000119_r
こちらも、ポツン・・・(*_*;
(この後出発までに10人くらいは来ましたけど)
指定席はそこそこ混んでたようですが、こちらはノビノビ自由席でゆったり居眠りしながらの帰りとなりました。

いつか行ってみたいと思っていた嶺方峠。
山には雪が残っていて、でも走るところは雪がなく、かつ標高高いのであまり寒い時期ではなくと、わがままな条件いっぱいだったが、今回思わずこれがクリアできるタイミングとなり、大満足の一日でした。
上りの距離はあるが、急坂ではないので、パスハントスキルは意外にも低く、得られる感動は高いという、おすすめコースです!

開始日時 2012/04/29 08:38:34 終了日時 2012/04/29 17:29:41
水平距離 101.97km 沿面距離 103.35km
経過時間 8時間51分07秒 移動時間 6時間55分34秒
全体平均速度 11.7km/h 移動平均速度 14.9km/h
最高速度 49.9km/h 昇降量合計 2759m
総上昇量 1477m 総下降量 1282m
最高高度 1123m 最低高度 344m

ルートマップ

 

« 久しぶりの本気モード 飯能(正丸峠-刈場坂峠-定峰峠)西武秩父 | トップページ | 小湊鉄道~いすみ鉄道に沿って房総横断(五井~御宿) »

」カテゴリの記事

旅の記録」カテゴリの記事

甲信越」カテゴリの記事

輪行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1280207/45085285

この記事へのトラックバック一覧です: 念願かなって 嶺方峠で絶景満喫:

« 久しぶりの本気モード 飯能(正丸峠-刈場坂峠-定峰峠)西武秩父 | トップページ | 小湊鉄道~いすみ鉄道に沿って房総横断(五井~御宿) »