2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

Twitter

« 東京湾一周・・・残念DNF 輪行帰宅 | トップページ | 渡良瀬川CR 暑すぎです・・・ »

新幹線に沿って帰ってみた(田端~古河)

2012/08/04(土)

ルートマップ


これを書いている時点ではすでに先週となってしまったが、地元(茨城古河)で花火大会があり、単身赴任先(田端)からチャリで帰ってみた。
これまで走っていないルートはないかなと地図を眺めていると、東北新幹線がこの間をほぼまっすぐにつないでいる。
新幹線て側道があってもしかして、ひたすらまっすぐ帰れるんじゃね?
ということで早速出発。

P1000319_r
まずは、京浜東北と並行している新幹線側道に出てみるが、都内は側道という感じにはなっていなかった。スタートから作戦失敗。

P1000321_r
ところどころこんな感じの側道になっているが、住宅地の路地に迷い込んだり、行き止まりになったり、全然進まない。

P1000327_r
赤羽からは新幹線が地下に潜ってしまい一瞬路線を見失うが、埼京線を探し無事にまた合流し、戸田橋で荒川を渡る。
荒川までは新幹線沿いを無理に走っても遅いだけでした。というか新幹線に沿って走るということがそもそも無理でした^^;

P1000331_r
埼玉に入ると、想像していた新幹線側道といった感じの道路があり、なかなか快適。

P1000333_r
突然、こんなことにもなるが。。。

P1000336_r
ほぼ側道利用で、さいたま新都心到着。
ここから大宮駅を過ぎるまでは側道がなくなり、なるべく離れないように一般道をうろうろ。

P1000340_r P1000341_r
大宮駅を過ぎて鉄道博物館駅あたりから、また新幹線に沿った道路が現れる。
博物館駅の入り口で休憩。この先に博物館入り口があるがここはフリースペースのようだ。

P1000343_r
子供達に混じって、17アイス休憩。

P1000346_r
しばらく快適な道が続くが、

P1000349_r
なぜか側道が途切れ、こんな離れた草地の中を走ることも。

P1000355_r
東武日光線南栗橋駅で道路が途切れるが、迂回してまた復帰。

P1000356_r
利根川沿いR4号でまた途切れる。
ここからは家も近いので、側道の旅はここまで。

P1000358_r
利根川橋で利根川を渡る。下流方向に新幹線鉄橋がかすかに見える。
このまま、側道をずっとずっと進むと青森まで行けてしまうのかぁ・・・
とか、妄想をふくらませながら、帰宅。

結論。
新幹線側道はまっすぐ楽々ではありません。ハイッ!


さて、花火。
家の裏に道路が通り、ちょうど花火方向の家がなくなったこともあり、今年は家の中から観賞できました。
コンデジ手持ちのブレブレ写真ですが、なんとか見れるものだけ。
公称2万5先発となかなか盛大です。
数発上がる三尺玉は600m以上も上がるらしい、音もものすごく家の窓がビリビリ震えます。

P1000457_r P1000521_r
P1000532_r P1000538_r
P1000651_r P1000577_r

開始日時 2012/08/04 11:44:27 終了日時 2012/08/04 17:12:05
水平距離 66.78km 沿面距離 67.13km
経過時間 5時間28分50秒 移動時間 4時間08分42秒
全体平均速度 12.2km/h 移動平均速度 16.2km/h
最高速度 31.9km/h 昇降量合計 989m
総上昇量 505m 総下降量 484m
最高高度 45m 最低高度 -11m

ルートマップ

« 東京湾一周・・・残念DNF 輪行帰宅 | トップページ | 渡良瀬川CR 暑すぎです・・・ »

旅の記録」カテゴリの記事

関東」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1280207/46640528

この記事へのトラックバック一覧です: 新幹線に沿って帰ってみた(田端~古河):

« 東京湾一周・・・残念DNF 輪行帰宅 | トップページ | 渡良瀬川CR 暑すぎです・・・ »