2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

Twitter

« 都内桜めぐり2013 | トップページ | GW恒例(ってまだ2回目だけど・・・) 嶺方峠(白沢峠っていうらしい・・・) »

ふたコブ 西伊豆スカイライン

2013/04/13(土)

ルートマップ


やっと行けた。
雑誌やら、ブログやら、テレビやら、いろいろなところで絶景と紹介されている西伊豆スカイライン。
いつか走りたいなと思っていたが、いろいろなタイミングと気力が合い、やっと走れた。

小さなアップダウンの連続、大きくはピークが2つ。
20130413_prf0_2
プロフィールマップはこんな感じ。
まあ楽ではなかったけど、踏ん張り甲斐のある絶景コースを満喫できた。

スタートの距離を少しでも減らそうと、出発は修善寺駅とした。
まずは三島まで、始発の東海道線でのんびりと輪行。
座席は空いていたが、新幹線を使わなかった分、普通グリーンでゆったり。

Nishiizu01
グリーン車両の前後に少しだけある1階席部分に自転車を収める。
(メモ)壁のテーブルが折りたためるのはありがたい。

三島駅から伊豆箱根鉄道駿豆線に乗り換え修善寺駅は終点。
この乗り換えにちょっとあたふた。
伊豆箱根鉄道はSuicaが使えないというのは事前にリサーチしていたのだが、三島駅でSuicaで出られないのは想定外だった。
交通系ICカードの相互利用できるようになったとのニュースで便利になったなと思っていたが、各カードの利用エリアをまたがっては利用できないとのこと。
この日乗ったのは東京発沼津行だったのだが、熱海駅までがSuicaエリア、函南駅から先はToicaエリアなので、熱海より先に行く場合には、Suicaが使えない。知らなかった、というかなんか不便。

(メモ)しかもこの時の精算は、Suicaでの入場記録を取り消し、乗車駅から全額精算となる。うーん、せめてエリア外の部分だけ精算にならないものか。
乗り換えの時間迫っているのに、同じようにあたふたしている皆さんが改札窓口に並ぶので時間がかかる。

Nishiizu02
そんなこんなでバタバタしながらもギリギリ予定の電車に乗り換え、修善寺駅に到着。
予報通り天気はよし。駅のコンビニで食料を調達し出発。

Nishiizu03
赤い橋を渡ると、すぐに上りがはじまる。
修善寺温泉街の旧道を進む。(写真撮りませんでした)

途中、ブロンプトンの方がいて、戸田峠までミニベロ同士一緒にハアハアお付き合いいただきました。
Nishiizu04
二人でのんびり上ります。(ブロさんの後ろ姿を隠し撮り・・・)

そして上ること約1時間半、だるま山高原レストハウスへ到着。
ここまでくると気温も低く吐く息が白い。ここまでの上りでかいた汗が冷えて寒い。
Nishiizu05
みなさんのブログで紹介されているあの景色だ!
写真ではなかなか素晴らしさが伝わらない。
Nishiizu06
少し雲がかかっているが、富士山と駿河湾まで一望できる。

ここから戸田峠まで、さらにもうひと上り。
峠手前はなかなかの勾配。
Nishiizu07
戸田峠に到着。
ブロンプトンの方はこの先駿河湾側に下るとのことでここでお別れ。
こちらはここから西伊豆スカイライン、さらに上る。

Nishiizu08
上って上って、達磨山手前の開けたところから、戸田港を望む。

Nishiizu09
振り返ると富士山。

このあたりから、絶景の稜線を進む。
Nishiizu10

Nishiizu11
素晴らしい景色を眺めながら、アップダウンを繰り返す。
向こうの山がピークかな。

Nishiizu12
ひとコブ目を下ってふたコブ目を上ると風早峠。

Nishiizu13
ここから湯ヶ島方面へ下る分岐となるが、せっかくなので景色を求めてもうひと上り。

Nishiizu14

Nishiizu15
仁科峠、ふたコブ目のピーク。
このまま下田側へ進むこともできるが、雲行きが怪しくなってきたので今回はUターンし先ほどの風早峠から修善寺へ戻ることにする。

Nishiizu16

Nishiizu17
長い長いダウンヒルを満喫するが、身体が冷えきってしまった。

出発地点の修善寺駅まで戻ってくると、気温も上がり身体も暖かくなってきたので、調子に乗って、三島まで進むことにした。
が、これが間違い。ここから先、突然疲れた。
さらに途中で寄ったそば屋が追い打ちをかけた。
このそば屋、店主もやる気がなければ、味もさっぱりやる気がない。そんなに嫌なら店をたたんでしまえと言いたくなるような店。
店を出た時にはこちらの気力もすっかりなくなった。
お金を払って気力を吸い取られるそば屋恐るべしだ。

Nishiizu18
それでもなんとか三島駅に到着。
17時なので、十分に帰れる時間なのだが、なにしろ気力がない。
ということで、駅近のホテルを予約し、一泊して翌朝帰ることにした。

じゃらんで当日限定格安プランで予約したのだが、ラッキーなことに富士山側最上階の景色のよい部屋だった。ちょっとだけ吸い取られた気力が回復(^^)
Nishiizu19_2 Nishiizu20
部屋から富士山と、下に見えた工場(どうしても使いたいジオラマモード)

三島駅、ホテルは北口側だったのだが繁華街は南口のようだ。
(メモ)夜暇に任せて、食事をしにふらふらと外に出たのだが、この三島駅、南北の通路がなく、駅をかなり迂回しないと反対口へ行けない。
新幹線の停まる駅だというのに、なんでこんな構造にしてしまったのか、住んでる人も不便なことだろう。

翌朝すっかり体力、気力も回復し、7時前の東海道線で東京まで輪行。
東京駅からは乗り換えずに、日曜朝の空いている道路を自走して帰った。

西伊豆スカイライン、輪行での移動やら坂の勾配やらしばらく躊躇していたのだが、思い切って行ってよかった。
好きなコースのかなり上位にランクインしました。おすすめです!

開始日時 2013/04/13 08:29:57 終了日時 2013/04/13 17:06:34
水平距離 81.31km 沿面距離 82.03km
経過時間 8時間36分37秒 移動時間 6時間32分32秒
全体平均速度 9.5km/h 移動平均速度 12.5km/h
最高速度 46.5km/h 昇降量合計 3041m
総上昇量 1518m 総下降量 1523m
最高高度 929m 最低高度 9m

ルートマップ

« 都内桜めぐり2013 | トップページ | GW恒例(ってまだ2回目だけど・・・) 嶺方峠(白沢峠っていうらしい・・・) »

」カテゴリの記事

旅の記録」カテゴリの記事

東海北陸」カテゴリの記事

輪行」カテゴリの記事

コメント

おつかれさまでしたー!

後半ちょっと色々あった様ですが(笑)、素敵な旅でしたねー。
僕は今まで、かなりのアップダウンにビビって伊豆を避けて来ましたが、
それと引き換えに素晴らしい景色ですねー。
おそば屋さんはちょっと残念でしたが、
なかなか面白いネタになったということでww

ジオラマモード、楽しいですよねww

>lintonさん

アップダウンはやや厳しいけど、54歳ミニベロおじさんでも
ギリギリ押し歩きなしに上れたので、みなさんOKだと思いますよ~。
そして、なによりあの景色の中を走れるのなら頑張れます!

そば屋は、実は外観からちょっと怪しげな雰囲気あったんだけど、
空腹に負けて入ってしまいました。
やはり直感を信じるべきでしたねぇ(>_<)

今度は海沿いもセットにしたコースも走ってみたいと思ってます。

うっちいさん、初めまして(実は2度目)。
サイクリング関係のブログをいろいろ検索していましたら、偶然発見!
後ろ姿のブロンプトンです(見るとヘロヘロ状態ですね:笑)。
当方も3年前の震災の時から再び自転車に乗りだした53歳・元サイクル野郎(知ってる人は知っている)です。
旅の記録を拝見しましたが、スゴイですね~。学生時代に走ったコースもあり懐かしい~。
こちらは昨年の西伊豆以降、御岳山、志賀草津道路、上高地、軽井沢1000m林道、乗鞍エコーライン、富士五湖、しまなみ海道、阿蘇ラピュタの道、宮古島などを走りました。
練馬在住ですので、またどこかでお会いしたらよろしくお願いします!

>ブロンプトンさん

コメントありがとうございます&お久しぶりです!

あの時は僕もヘロヘロで連絡先も交換しないまま、勝手に写真アップさせていただきました。
(後ろ姿なのでご勘弁を)

発見していただきありがとうございます(^O^)
うらやましいところあちこち走られてますね。乗鞍、しまなみ、阿蘇・・・、行ってみたいところばかりです。
阿蘇や宮古島は飛行機輪行ですよね。興味津々です。
是非レクチャーいただかなくてはφ(..)メモメモ

これを機会に是非よろしくお願いします!

さっそくありがとうございました。
一人で走っていると、走行写真はまったくありませんので(笑)、
逆に見つけたときは「おおっ」と感激しました!

阿蘇は、学生時代から数えても初の飛行機輪行でした。
カバーをかけただけでプラコンテナに入れてもらって、
従価料金を払って、手渡しタグをつけてもらって何も問題ありませんでした。
タイヤの空気も6気圧の入れっぱなしで大丈夫でした。

乗鞍エコーラインは残念ながら結構押してしまいましたので、
今年の夏に、乗って完走できるようリベンジを目論んでいます(笑)。

>ブロンプトンさん

おお、プラコンテナ他の方のブログで見たことあります。
FXは折りたたんでも大きいからなぁ。。。

走行写真確かにないですよね。
僕も時々登場する輪行部の皆さんに撮ってもらったのは感激でした。
オリジナルはもうちょいサイズ大きいのあるのでメールしま~す。

はじめまして、小五郎と申します。
近々、私も西伊豆スカイラインをミニベロで走ってみようかと思い、ネットで検索していたら、こちらにたどり着きました。
大変、参考になりました。
有難うございました。

>小五郎さん

コメントありがとうございます!
西伊豆スカイライン、稜線を走るのでほんと絶景です。
是非走ってみてください。

小五郎さんのブログも拝見させていただきました。
マンハッタンM451R、すっきりしてかっこしいバイクですね!
ミニベロ仲間、妙に親近感湧きます。
今後ともよろしくです(^o^)

こちらこそ、宜しくお願いします。
うっちぃさんの記事を満員電車の中で楽しく読ませていただいてます。
マンハッタンM451R、クロモリでフロントフォークがロードタイプと同じサイズなので確かにスッキリしていてそのフォルムが気に入って購入しましたが機能を考えると中途半端で、残念ながら、あまり乗り切れてません。
折りたためないフロントフォークの長いミニベロという事で輪行にむいてなく、専ら、折りたためるドッペルをかついで出動してました。
この前まではドッペルの方をスリックタイヤにしてフロントを60Tにしてハンドルもカーボンにしていたので、結構はしれてました。
が、遠征する度にパンクをくりかえし、パンク恐怖症?に陥り、太目のタイヤに換えたところ、全く坂道が上れなくなって、折りたたみで軽いドロップのミニベロのダホンのダッシュX20を中古で購入したとこです。
で今度の西伊豆スカイラインがダッシュの初の輪行の遠征になります。
かなりのアップダウンとの事なので初日は修善寺まで輪行して短いルートで西伊豆スカイラインを回ってみる予定です。
この前のサイクルモードでタイレルに試乗してみましたがドロップタイプでしたが凄く乗り易く、安かったら欲しいな~と思っちゃいました。
絶対、無理ですけどw
ちなみに私の当面の目標は北海道の天に続く道をかけぬける事です。
長々と失礼致しました。
またお邪魔致します。

>小五郎さん

僕もかなり前のブログに書きましたが、折りたためない小径車はフレームが大きいので輪行には不向きですね。
ロード用の輪行バックに入れるのもきついくらい。

天に続く道、検索してみました。で、行きたくなりました!
あんな景色の中走ってみたいですね。
素敵な情報ありがとうございます。

何度もすみませんが西伊豆スカイライン行ってきました。
比較的楽なルートで走ったつもりが脚がつって後半は平坦な道でも坂道を登ってる感じでした。
多分、うっちぃさんとは逆ルートで走ったと思いますが戸田峠から修善寺までの下りが路面が悪くて、タイヤが跳ねて危なかったです。
雨じゃなくて良かった。
最高の絶景をマンキツできました。
有難うございました。
これからは寒くなるので春まで山はお休みですw

>小五郎さん

お疲れ様でした!
ブログ拝見しました。いやー絶景ですね。
小五郎さんルートだと富士山を見ながら走れてよいかもですね。
僕のルートでは、振り返り振り返りしながらになってました。
小五郎さんブログの方にもコメントさせていただきます(^_^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1280207/51287569

この記事へのトラックバック一覧です: ふたコブ 西伊豆スカイライン:

« 都内桜めぐり2013 | トップページ | GW恒例(ってまだ2回目だけど・・・) 嶺方峠(白沢峠っていうらしい・・・) »