2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

Twitter

« GW恒例(ってまだ2回目だけど・・・) 嶺方峠(白沢峠っていうらしい・・・) | トップページ | 取手から銚子まで利根川CR単調旅 »

磐梯吾妻スカイライン 雪壁名残りのみ

2013/05/25(土)

ルートマップ


通勤途中の駅で見た、2013年春「行くぜ、東北。」のポスター。
よし、行くか、東北。ってことで、今年も福島県へ。
今回は初の「磐梯吾妻スカイライン」

東京駅から東北新幹線で郡山駅へ輪行。
磐越西線への乗り換えの改札で、輪行バッグを担いだ青年と一緒になった。同じ新幹線で来たようだ。
この先偶然、同じ猪苗代駅まで行くとのことで、しばし同行。

Azuma01
話してみると、しっかりした好青年。
バイクはトライアスロンにも乗るというカーボンロード。
猪苗代湖、会津若松辺りを走って、翌日は山形でトレッキング予定とのこと。
僕はほとんど一人で輪行しているので、話し相手がいるという状況に妙にテンションあがって一方的に話しまくってしまった。迷惑でなかったかな・・・

Azuma02
猪苗代駅にて。青年のバイク。うーん、速そうなバイクだ。

Azuma03
ここからはお互い一人旅。楽しい時間を過ごさせてもらった。
Special Thanks!

Azuma04
しばらく磐梯山を横手に見ながらじわじわと高度を上げていく。

Azuma06
快適な道路が続く。
気温も上がってきて、シャツ一枚でも汗だくだ。
木陰をみつけて早めの昼休憩。栄養補給をせねば。

Azuma07
休憩中に一枚。今回初登場のペットボトルホルダー。
これだと、Tyrell特有の真横取り付けでも、ペットボトルが前に飛び出さない。
ただ、保冷用ボトル等ペットボトル以外の形状のものは使えない。

Azuma08
スカイラインの入り口、土湯ゲートに到着。
観光復興キャンペーンで無料開放中だ。
この手前にところどころ厳しい傾斜があったが、距離が短いのでなんとか乗り切った。
ここからは景色のよいコースが続く。

Azuma09
湖見峠(うみみとうげ)。
峠といいながら、ピークはもう少し上った先。

Azuma10
磐梯山とその左に(霞んでしまってよく見えないが)猪苗代湖。

Azuma11
こちらは安達太良山だろうか。

九十九折をゆっくりゆっくり上り、正面に噴煙の見える直線に出ると道路脇に雪が残っていた。
Azuma12
雪の回廊の名残りだ。
いつか雪壁の中を走ってみたい。
この少し前、標高1500mを超えた辺りから突然気温が下がり、汗で湿ったTシャツも冷えて寒い。

Azuma14

Azuma13
そしてスカイライン最高点に到着!
これまで走った中の最高高度だ。
といっても、スタートの猪苗代駅が500mくらいなので、かなり楽しているわけだが。

Azuma16
ウィンドブレーカーを着込んで10分ほど下り、浄土平レストハウスに到着。
すぐ近くで噴煙があがっている。

Azuma15
道路の反対側には吾妻小富士。
登っている人がたくさんみえるが、ここは遠慮しておこう。
レストハウスでゆっくり休憩し、あとはひたすら下りだ。

Azuma17
レストハウスを出てすぐに、浄土平の絶景が広がる。

Azuma18
「火山ガス発生の恐れあり ここから800mの区間は停車しないでください」との看板。
チャリでは有名なコースなので、問題ないと思うが。

デジカメをハンドルにマウントして、不毛の大地の動画を撮ってみた。



不毛地帯を抜け急坂を下る。
Azuma19

Azuma20
不動沢の景観。紅葉の季節はよさそうだ。

Azuma21

Azuma22
下って下って、高湯ゲートに到着。
逆側から上ってくるローディーさんと何人かすれ違ったが、明らかにこちら側の方が傾斜がきつい。
僕にはこちらから上るのは無理だ・・・

Azuma23
高湯ゲートからさらに40分、ひたすら下って、福島駅到着。
福島駅は初めて。

Azuma24
駅に向かうアプローチのすべてに自転車乗り入れ禁止の標識。
どうやって駅の入口に行けばいいのかウロウロ。
駅の警備員のおじさんに訊くと、押し歩きならOKということ。押そうがどうしようが絶対ダメ的な雰囲気が漂っていて、どうしたものか迷ってしまった。
さらに、パッキングを終えた後、今度は改札への入口がわからず、またもやウロウロ。
一階は商業施設になっていて駅の入口が見つからない。でもどう見てもここは駅だ。
またまた警備員さんに尋ねると、エレベーターを指さし、そこから2階へ行くと改札に行けるとのこと。
これが唯一のルートなのか、そんなことはないと思うが、とにかくなにかとウロウロしてしまう駅だった。

福島からは、この時間の上り新幹線にありがちな、指定席はそこそこ混雑、自由席はガラガラ状態。
もちろんガラガラの自由席でのびのび帰宅。

時間的にも距離的にも輪行日帰りにちょうどいいコースだった。
上りはきついところもあったけど、景色の素晴らしさがそれを忘れさせる。
来年は4月、雪の回廊の時期に走れるだろうか。

開始日時 2013/05/25 09:38:17 終了日時 2013/05/25 16:38:41
水平距離 72.17km 沿面距離 72.71km
経過時間 7時間00分24秒 移動時間 4時間39分22秒
全体平均速度 10.4km/h 移動平均速度 15.6km/h
最高速度 53.6km/h 昇降量合計 3032m
総上昇量 1294m 総下降量 1738m
最高高度 1620m 最低高度 75m

ルートマップ

« GW恒例(ってまだ2回目だけど・・・) 嶺方峠(白沢峠っていうらしい・・・) | トップページ | 取手から銚子まで利根川CR単調旅 »

」カテゴリの記事

旅の記録」カテゴリの記事

東北」カテゴリの記事

輪行」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。行の電車でご一緒させてもらった者です。 ブログ読ませて頂きました♩流石に雪の回廊では無かったようですが、動画も含めてその風景美が伝わってきました♩しかし窓閉めてには笑えました(笑)
こちらは無事に三日間の福島、山形、宮城を楽しませていただきました♩
しかしまた僕も「いくぜ東北」します♩お疲れ様でした^_−☆

>Cozyさん

コメントありがとう!

電車の中、お付き合いいただきありがとうございました。
バイクも勝手にアップさせていただきましたm(_ _)m
福島、山形、宮城と無事にまわれたようでなによりです。
この後のトライスロンも健闘を祈っています。

まだまだ、行くぜ、東北!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1280207/51814342

この記事へのトラックバック一覧です: 磐梯吾妻スカイライン 雪壁名残りのみ:

« GW恒例(ってまだ2回目だけど・・・) 嶺方峠(白沢峠っていうらしい・・・) | トップページ | 取手から銚子まで利根川CR単調旅 »