2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

Twitter

« 取手から銚子まで利根川CR単調旅 | トップページ | 奥只見樹海ライン 1日目(会津高原尾瀬口~檜枝岐温泉) »

二度上峠 吾妻線側から楽々コース

2013/07/15(月)

ルートマップ


前回の利根川CR(取手から銚子まで利根川CR単調旅) で、やはり平地は今ひとつだったので、大好物(?)の峠に行ってきた。
今回は群馬県の二度上峠、25km上って50kmの下りを楽しめるお得感たっぷりのコース。

楽々コースにするためには、長い輪行旅で標高を上げる。
始発の高崎線から吾妻線羽根尾駅へ3時間半・・・
上野駅-(JR高崎線)-高崎駅-(JR吾妻線)-羽根尾駅

Nidoi01 Nidoi02_2
高崎駅で30分の乗り換え待ち後、初の吾妻線。

Nidoi03
途中車窓から見えた工事中の橋。
一時期ニュースとなった八ッ場ダムの辺りか。ダム湖に沈む前にここも走っておかないとφ(. .)

そして羽根尾駅到着。
Nidoi04
コースを検討して走りたいルートの最寄りということだけで選んだわけだが、補給のための売店どころか自動販売機もなし(汗)
というか駅舎も改札もない。この写真の入口がそのままホームへ繋がっている。
(今回は自前にコンビニを調べてあったのでちょい焦り程度で済んだが、補給基地がないのは夏は危険だ)

Nidoi05
駅前のR146の起点から軽井沢方面へ向かう。
すぐに上りが始まる。

1時間弱で予定の補給基地へ。
Nidoi06_2 P1000281_r_2
開いててよかった(は、7-11だったか)セーブオン。
今夏初出動のハイドレーションパックにも補給する。

Nidoi07
北軽井沢手前で裏道に入ってみると、畑の中の快適な道路。

Nidoi08
さらにウロウロして照月湖に到着。
隣の乗馬クラブの私有地なのか?立入禁止の看板だらけどうにもならず即Uターン。
しばらく北軽の別荘地を進み、県道54号長野原倉渕線に出る。

Nidoi10
山の中を峠に向かってのんびり上る。
峠の手前で浅間山の羨望が開けた。

Nidoi11
二度上峠に到着。
さすがにここまで上ると涼しい。

Nidoi12

Nidoi13
峠からは榛名山が望める。
来た方向を振り返ると正面に浅間山。
峠で休んでいたローディーさん二人としばし情報交換の後、長いDHへ。

Nidoi14
烏川渓谷まで峠から10km、一気に800m標高を下げる。
ここから一時間半、高崎までほぼノンストップで下る。
(なので、記録写真もなし)

Nidoi15
高崎市街へ入る手前、烏川に架かる君が代橋からの榛名山。

Nidoi16
じわじわと気温が上がってくるのを感じながらの長い快適なDHで高崎駅に到着。
ここまで下りると、風も熱風に感じる。
帰りは高崎線で一本。車内はガラガラだったが、新幹線を使わない分、ここはさらに寛ごうとグリーン席でゆったり帰宅。

この連休は東北方面も考えたが、まだ梅雨も明けず連日の雨で断念。
急遽決めた群馬の旅は、ゲリラ豪雨に遭うこともなく山道を楽しんだ。(海の日だったけど・・・)

開始日時 2013/07/15 09:11:45 終了日時 2013/07/15 14:51:35
水平距離 72.86km 沿面距離 73.28km
経過時間 5時間39分50秒 移動時間 4時間10分07秒
全体平均速度 12.94km/h 移動平均速度 17.58km/h
最高速度 58.13km/h 昇降量合計 2555m
総上昇量 997m 総下降量 1558m
最高高度 1397m 最低高度 87m


ルートマップ

« 取手から銚子まで利根川CR単調旅 | トップページ | 奥只見樹海ライン 1日目(会津高原尾瀬口~檜枝岐温泉) »

」カテゴリの記事

旅の記録」カテゴリの記事

輪行」カテゴリの記事

関東」カテゴリの記事

コメント

初めまして!ブログ村のトラコミュから来ました。
FXですごいところを登るんですねぇ、、

もしよろしければ今後もいろいろお話できればと思いま~す。

>チャリ虎さん

コメントありがとうございます!
タイレルのトラコミュを見つけて、ちょいちょいトラックバックさせていただいてます。
チャリ虎さんのFX関連の記事も読ませていただいてます。
これからもよろしくお願いします。

僕が二度上峠を訪れたときは、浅間山は見えたものの、群馬側はかすんでしまって眺望が利きませんでした。榛名山が見通せたのは羨ましいです。それも運とタイミングだと思いますが…。
この道、峠から倉渕側の数キロ以外は路面状況もいいので、DHはずいぶん楽しめたのではないでしょうか。

北軽井沢の路地に紛れ込むのも楽しそうですね。高原野菜と別荘地のなか、写真からも涼しげな風を感じます。
そしてつまごいパノラマラインに行ってみたいと思っていたことを思い出しました。
吾妻線輪行して北軽・嬬恋周辺を散策してみようかな。

またおじゃまさせていただきます。

>ナガヤマさん

コメントありがとうございます!
今回吾妻線は初めてだったのですが、吾妻線起点であちこち走ってみたくなるところでした。

また、ナガヤマさんブログの八丁峠に登場する廃墟街、是非行ってみたいです。
それにしても、ほんとに同じようなところ走ってますね。
(僕の方がちょとずつ楽なルートですが 汗)

いろいろコース選びの参考にさせてください。

うっちぃさん

僕も兼ねがねコースの参考にさせていただいてます。
似たような場所に興味を抱くので、互いに参考になるのかもしれませんね。

今回の記事を読み、すっかり吾妻線へ行きたくなりました。日曜日は以前から目論んでいた野反湖に行ってこようかと思います。

ツイッター含めまたよろしくお願いします。

>ナガヤマさん

野反湖、まだ行ったことないです。
レポート楽しみにしています!

拝見させていただいております。
年を重ねてからの自転車乗りは共感を覚えます。
私もタイレルに乗っています、FXではないのですが、
乗り始めて2年位で長距離まして輪行は程遠いいところで、
何時も決まって鎌倉、江の島を回って済ませています。
しまなみ海道も行ってみたいと思っております、車では走ってきましたけど、
これからも楽しく拝見させていただきます。

>ハマーさん

コメントありがとうございます。
同じタイレル乗りうれしいですね。
鎌倉、江の島方面は何度か行きましたが、いいところですよね。
ボードを抱えた自転車の若者たちが眩しすぎました。

しまなみ海道、僕も地図を眺めて行くチャンスを狙っているのですが、せっかくなら日数かけてゆっくり行きたいなとか、なかなかタイミングが合いません。
これからもよろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1280207/52545323

この記事へのトラックバック一覧です: 二度上峠 吾妻線側から楽々コース:

« 取手から銚子まで利根川CR単調旅 | トップページ | 奥只見樹海ライン 1日目(会津高原尾瀬口~檜枝岐温泉) »