2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

Twitter

« 輪行部始動! 三浦半島 大根キャベツ大根 | トップページ | デビューライド 都内巡り »

西伊豆(コースガイドに乗ってみた・・・きつかった)

2014/02/01(土)

ルートマップ


どこを走ろうかと、あれこれコースガイドをめくっていると、「ニッポン快走サイクリングコース」の西伊豆が目に留まった。(富士山を身近に感じながら風光明媚な西伊豆を走り尽くす)

正月にナガヤマさんの走った「西伊豆海岸線南下 (2014-01-04) 」が気になっていたのと、去年走った([2013/04/13]ふたコブ 西伊豆スカイライン)戸田峠へ道もまた走ってみたかったので、ちょうどそれを合わせたコースだったからだ。
沼津を起点に狩野川沿い-修善寺-戸田峠-戸田港-駿河湾沿いを走り沼津へとぐるっと回るコース。
冬のこの季節、くっきりとした富士山の期待も高まる。

東京駅から東海道線で沼津まで輪行。去年三島まで乗った時のSuicaで精算できない学習をしていたので、今回は事前に切符(休日おでかけパス+小田原沼津間)を購入していた。

20140201003
初めての沼津駅。西伊豆サイクリングでは拠点となるのかなと思っていたが、他に輪行者の姿がなかったのは意外だった。

20140201004

20140201005_2
駅からすぐの狩野川沿いの自転車道に乗る。
振り返れば大きな富士山が見えたが、残念ながら霞んでいた。春の陽気ということだったので、富士山も冬のくっきりではなく春霞となってしまったのかも、残念だ。
それと、冬の富士山は雪で真っ白だと思っていたが、雪はまだらでシマシマ模様だったのも意外だった。2月ってこんなものなのかな?それとも今年だけ?

20140201007_2 20140201008_2
快適に走っていると、工事中の看板。しかたなく降りて川沿いの一般道を走る。
途中雰囲気のある酒屋の前で小休止。

20140201009
自転車道もいつの間にか途中でなくなり、いい感じの道を進む。
この写真の場所を大型トラックが木の枝をバキバキ折りながら飛ばして行ったのにはびっくりしたが。

20140201011
修善寺駅へ渡る橋の少し手前で下田街道に合流し、そのまま修善寺温泉街へと進む。

20140201014
温泉街を抜け勾配が増してくると、里山の風景が広がる。
前回もこのあたりで休憩したななどと思いながら、長めの休憩をとりこの先の上りに備える。

20140201016
だるま山レストハウスまでもう少しのところ。直線の上りを見上げた途端に心が折れて撮影という名の休憩。
いつもは痛くならない太ももがなぜか痛い(感じがする)。引き足使ってみようかななどとよくわかってもいないのに、ここまでの上りで脚の回し方をあれこれ試してみたのがいけなかったのかも。

20140201021
なんとかレストハウスに到着。
ここからの富士山も霞んでしまって、ちょっと残念。
脚も疲れたので、レストランで早めの昼食休憩をとる。他に客はおらず貸切状態でのんびり休む。

20140201024
レストハウスからさらに少し上って、戸田峠に到着。
前回はここを左折し、西伊豆スカイラインへ向かったが、今回は直進し戸田港へ下る。
上りで汗をかいたのと強烈な向かい風で、下りは体が冷えきる。

20140201026
急勾配の下りを進むと、これから下る道が見える。なかなかいい感じの風景だ。

20140201031
下りきる少し手前の棚田。この時は気が付かなかったが、写真で見ると中を道路が通っていたようだ。突入できたかも。

20140201034
ひたすら下って、上った分は全部下って、戸田港に到着。
のんびりとした空気が漂う。網を繕う漁師さんとしばしの語らい。

20140201043
戸田からは駿河湾沿いを沼津まで戻る。
しかし、途中大きなコブが二つ。これに完全にやられた。
ここは港からすぐ登り始める一つ目のコブ、出逢い岬。
先ほどの戸田の港が一望できる。

20140201045
出逢い岬から井田の集落まで一度下り、二つ目のコブへの上りとなる。
快適な下りの途中、何度も富士山が現れる。

20140201048
煌めきの丘。駐車スペースに吸い込まれるように入り休憩。
湾の向こうに富士山、眼下には井田の集落が見える。

この後、井田まで下り二つ目のピーク井田トンネルまでヨレヨレになりながら上る。脚は完全に売り切れ状態だ。

20140201053
トンネルを抜けた後は、0mまで下り湾沿いをひたすら走る。
途中水仙のプチ群生になごむ。

20140201057
脚は回らないが、富士山をながめながらならなんとか走れる。
のんびりのんびり進む。

20140201065 20140201066
江浦湾で写真を撮っているとトンネルの前に、穴埋め問題のような地名のバス停を発見。
近づいてみると、「くちのぐち」と書かれていた。なるほど「口野口」か。

20140201071
口野口辺りからは交通量が多く、更に疲れる。
なるべく裏道に逸れて走ると、思いがけない景色に出会う。

20140201073
やっと沼津に戻り狩野川沿いに出ると、富士山が(昼間よりは)きれいに見えてきた。
ここまでの疲れを忘れる。やはり富士山の姿は特別なものがあるようだ。

------
沼津駅で輪行準備をし、東京までの直通の東海道線まで1時間待ち、コーヒーショップで時間を潰したが、女性客が多く(というか女性だけ)かつ皆さんきれいなのにはびっくり。
美女率非常に高し。(この段階で疲れってなに?状態のただのオヤジになっていたのは言うまでもない)
これって有名な話ですか?(どなたかこういう事情に詳しい方)
僕の中では角館で秋田美人てほんとなんだなと感心したのと同じくらいの感心度でした。
(最後は何の話かわからなくなってしまった。失礼しました。)

開始日時 2014/02/01 08:15:36 終了日時 2014/02/01 16:40:08
水平距離 84.53km 沿面距離 84.80km
経過時間 8時間24分32秒 移動時間 6時間01分26秒
全体平均速度 10.09km/h 移動平均速度 14.08km/h
最高速度 53.39km/h 昇降量合計 2495m
総上昇量 1193m 総下降量 1302m
最高高度 738m 最低高度 4m


ルートマップ

« 輪行部始動! 三浦半島 大根キャベツ大根 | トップページ | デビューライド 都内巡り »

」カテゴリの記事

旅の記録」カテゴリの記事

東海北陸」カテゴリの記事

輪行」カテゴリの記事

コメント

絶えず富士山を見ながら走るという、不思議な感覚。静岡や山梨のかたにすれば日常なのかもしれませんが、やっぱりこうやってみると神々しいというか、あがめたてまつる気持ちは自然と湧きますね。走っているとなんとなく守られている感というか。
僕らはあまり見慣れませんから、最初に見えたときは「おお素晴らしい」ですが、一日見ていると富士山が見えていることの安心感というか。何というか不思議な山です。
そして駿河湾、伊豆の山、自然、西伊豆は魅力に満ちていますね。何度でも行きたい。
暖かくなったら西伊豆スカイラインへ行こうっと!

>美女率非常に高し。
こ、これは…φ(.. )
未収集情報でした!大変な情報欠落でした(-。-

──あっ!何か西伊豆に忘れ物をしてきた気がする、急ぎ計画しなくちゃww

>ナガヤマさん

普通に街の中からもドーンと富士山見えるのは、やはり不思議な感じでした。
地元の人は毎日この風景と共に暮らしてるんだな、などと訳のわからん感心をしたり。

忘れ物見つけに行っちゃってください~ww

海あり山あり、富士山と素晴らしいコースですね。
羨ましい!!
行ってみないです。!(^^)!

>にこにこさん

ほんとに海あり山ありの贅沢コースでした。
ただ僕にはちょっとアップダウンが・・・(汗)

景色は素晴らしく、おすすめですよ!

西伊豆サイクリングお疲れ様でした。

富士山を眺めながら、海を眺めながら、走るサイクリング。
いいですね♪
僕にとって西伊豆は未知の世界なので、参考になります(。-∀-)

峠登って、そこから見る景色も最高そうです♪

>Mさん

富士山がくっきり見えるタイミングで行けたら、さらにテンション上がりまくりだと思います。
撮影ポイントだらけで、カメラマンMさん、なかなか進めないかもですよ(^O^)

おつかれさまです!
ブログはずっとチェックしていたのですが、よーやくコメントできましたw
地元が富士市なので、沼津駅はなじみの駅です。こーやってうっちぃさんのブログで写真をみると、なんだか不思議な感じです。
僕は静岡出身の割に、伊豆とか全然走ったことがないのでいつかチャレンジしたいなー。アップダウンと、道が細そうってのが気になってるんですよね、、、
距離的には富士山見える場所なんですが、雲がかかっていたり霞がかかっていたりで意外とちゃんと見れる機会って少ないんですよね。
美人率が多いっていうのは、、、、ノーコメントでww

>lintonさん

いやいや地元でしたか。
それはそれはうらやましいぞw(謎)

確かにアップダウン結構あるのと、場所によっては狭い道路に車の通りが激しかったりとありますけど、景色の素晴らしさがそれを上回ります。
美味しい海の幸もあり、ほんとにいいところですね。
できればのんびり温泉泊とかで計画してみたいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1280207/54840430

この記事へのトラックバック一覧です: 西伊豆(コースガイドに乗ってみた・・・きつかった):

« 輪行部始動! 三浦半島 大根キャベツ大根 | トップページ | デビューライド 都内巡り »