2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

Twitter

« 会津、やっぱりいいなぁ | トップページ | つまごいパノラマライン 通行止めで完走ならず »

白布峠を越えて西吾妻スカイバレー(米沢~喜多方~新潟)

2014/07/12(土)

ルートマップ


  白布峠から桧原湖を望む
20140712i055
6月は天気が悪かったり、用事があったりで一度も出かけることができなかった。
久しぶりなら足慣らしにとゆるーいコースを選ぶべきなのだが、次またいつ乗れるかもわからないので、ついつい遠出をしたくなる。
峠らしい峠を走ろうとしばらく前より温めていた山形と福島の県境にある「白布峠」を走ってきた。山形県米沢までつばさで輪行し、峠を越えて福島県喜多方へ向かうルートをとった。
つばさは最後列も座席と壁の足元の足置きがなかなか邪魔です。(てなこというと、自転車置くために設計してるわけじゃねぇぞの声が聞こえてきますね。すいません。)

20140712i004 米沢は20年位前に仕事で毎週のように来ていた懐かしい駅。新幹線が開通して間もなくの頃だったか。
降りた輪行者は僕一人。のんびり準備をし9時に出発。

20140712i008 駅からすぐの上杉神社に寄り道。
観光客がちょうど途切れた瞬間、静かな境内をお参りしているとすぐに次の観光客の波が押し寄せてきたので、早々に退散し先を急ぐことにする。

20140712i016
20140712i020 峠に向かって山の中の気持ちのいい一本道を進む。
ほぼ一ヶ月のブランク、足に負担をかけないように休憩をしながらのんびりのんびり。

20140712i037 上りはじめて約20km、白布温泉街に入るとかなりな急坂。その先峠までの約10kmは10%の標識が何度か現れるが、温泉街よりはまし。(僕がそこそこ上れたので実際には10%なかったのではないかな。)

20140712i053 福島県境到着。駐車場になっている。
峠のはずだがまだ先は上っているし、峠の標らしきものがない?
この少し先の上りのピークにも駐車場があり、そこでつぶやいているとフォロワーさんより峠の碑情報が。Thanks!
一旦この場所まで戻ってみると、山形に向かう側に「白布峠」の標識発見。
(↑上の写真から振り返った位置になります↓)
20140712i056
20140712i065 峠から下り始めるとすぐに、「東鉢山七曲り」の道標の建った見晴らしスペースがある。
これから進む道路と桧原湖、磐梯山まで一望できる。

よく、峠好きだよねって言われるけど、そうじゃないんですよね。こういう景色が好きで、これを求めようとするとそこに峠があるわけですよ。
ん~まあ、きらいじゃないですけどね(^^ゞ

20140712i072 さらに標高を500mくらい下ると、桧原湖畔の道に出る。
磐梯山を見ながらしばらく進み、道の駅裏磐梯の標識を目印に湖畔を離れ、喜多方へとさらに下っていく。


20140712i079 まわりの景色は涼しそうだが、標高が下がってくると気温は高くこの辺で33℃の表示が出ていた。

20140712i085 喜多方市街が見えてからちょっと回り道をして、恋人坂といわれている坂へ。
坂の遠く先に喜多方の市街地が見える。この坂を下って、本日のゴール喜多方駅へ。

20140712i093 喜多方駅ゴール。
駅も駅前の通りもほとんど人影もなく静かな街だ。ラーメン好きな皆さんが大勢押しかけているわけではなかった。

この時点での天気予報は翌日も晴れだったので、のんびり一泊し翌日も少し走ってから帰ることにしてホテルを予約。
まずは、シャワーで汗を流し、さてではラーメンをいただきますかと7時過ぎに外に出てみると、すでに街は真っ暗。どうやらラーメンの街の夜は早いらしい。ほとんどの店が7時頃には閉めてしまうようだ。唯一10時まで営業という店をフロントで聞いて行って食べてみたが、まあ普通のラーメンでした。(というか特にラーメン通というわけでもないので僕には違いがわからないだけだと思います。ごめんなさい。)

-----------------------

2014/07/13(日)

起きて天気予報を見ると、曇のち雨とか。ん?なんか一晩で状況変わったか。
とりあえず、前日調べておいた列車に乗るために、ホテルを出るとかなり怪しい雲行き。

20140712i095 喜多方駅から隣の山都駅までの間が土砂崩れ不通との情報だったので、山都駅まで自走する。

20140712i096
20140712i100 途中、フォロワーさんよりリクエストのあった一ノ戸川橋梁を写真に収め、山都駅に到着。

20140712i107
20140712i108 3両編成の列車はここからしばらく、乗客僕一人。不通区間対応の臨時ダイヤだからなのか、いつものことなのかは不明だ。

20140712i114 今日のスタート地点と決めていた津川駅で降りるとすでに雨が。
まだなんとか空は明るいので走りだしたが、このあとあんな土砂降りになるとはこの時点では知る由もない。

20140712i124 予定していた道が通行止めで、迂回したバイパスはまるで自動車専用道路のようで、快適だったが、ほんとに走ってよいのかドキドキしてしまった。(もちろん走ってよい道でした)

20140712i133 途中汽笛が聞こえたので思わず振り返ると、阿賀野川の向こうに磐越西線を進む列車が。自転車仲間の皆さんの影響で、最近こういう反応がとても早くなりました。ハイ。

20140712i144
20140712i151 羽越本線を越えたあたりで、豪雨のため東屋に避難。もう少しで新潟駅なのだがここからが大変だった。
いつまでここにいてもしょうがないので雨の様子をみて走り出したのだが、幹線道路は車からの水しぶきが危険すぎて、思わず脇道に逸れてしまった。しかしそれが災いして迷走してしまい、GPSマップ見ながら走っていたにも関わらず新潟駅目前にしてかなり遠回りをしてしまい、ずぶ濡れがさらにずぶ濡れに。(いまさら一緒か)

20140712i157
20140712i160
14:30なんとか新潟駅に到着。
シャツは着替え、ズボンは乾くのを待ち、靴はどうしようもなくグショグショのまま、なんとか新幹線に乗れる状態になり(なったと自分で判断し)、2階建てMAXお約束のフラット席狙いで最前列で待ち、効きすぎる冷房に震えながら帰ってきました。

それにしても久しぶりの峠は楽しかった。
予想以上の素晴らしい景色も見ることができた。
晴れ予報でも日帰りでないなら雨を想定した装備で行かないとだめだなと学習もできた。
雨のせいか冷房のせいかその合わせ技か、今週風邪に苦しめられたことは言うまでもないが、それもほぼ治った。
さて、梅雨も明けたし、次はどこに行こうか。やっぱり峠かなw


2014/7/12 米沢~喜多方

開始日時 2014/07/12 08:36:47 終了日時 2014/07/12 17:48:28
水平距離 81.87km 沿面距離 82.07km
経過時間 9時間11分41秒 移動時間 6時間31分24秒
全体平均速度 8.93km/h 移動平均速度 12.58km/h
最高速度 57.56km/h 昇降量合計 2818m
総上昇量 1392m 総下降量 1426m
最高高度 1423m 最低高度 215m

2014/7/13 喜多方~山都

開始日時 2014/07/13 06:17:14 終了日時 2014/07/13 07:07:23
水平距離 12.45km 沿面距離 12.46km
経過時間 0時間50分09秒 移動時間 0時間44分08秒
全体平均速度 14.91km/h 移動平均速度 16.95km/h
最高速度 44.51km/h 昇降量合計 327m
総上昇量 158m 総下降量 169m
最高高度 320m 最低高度 172m

2014/7/13 津川~新潟

開始日時 2014/07/13 08:48:59 終了日時 2014/07/13 14:36:46
水平距離 71.57km 沿面距離 71.61km
経過時間 5時間47分47秒 移動時間 4時間42分48秒
全体平均速度 12.35km/h 移動平均速度 15.19km/h
最高速度 36.21km/h 昇降量合計 417m
総上昇量 174m 総下降量 243m
最高高度 116m 最低高度 2m

ルートマップ


« 会津、やっぱりいいなぁ | トップページ | つまごいパノラマライン 通行止めで完走ならず »

」カテゴリの記事

旅の記録」カテゴリの記事

東北」カテゴリの記事

甲信越」カテゴリの記事

輪行」カテゴリの記事

コメント

とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1280207/56840809

この記事へのトラックバック一覧です: 白布峠を越えて西吾妻スカイバレー(米沢~喜多方~新潟):

« 会津、やっぱりいいなぁ | トップページ | つまごいパノラマライン 通行止めで完走ならず »