2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

Twitter

« 津軽半島一周(龍飛崎で竜飛崎を聴く)(3日目:龍飛崎~新青森) | トップページ | リハビリのはずが・・・(白葉峠~梅田湖) »

パワースポットで気を注入(大血川林道~三峯神社)

2015/07/11(土)

ルートマップ


奥秩父の山々、雲々。
Mitsumine028

ゴールデンウィークに津軽半島を走って以来2ヶ月、まったく走っていなかった。
なんか竜飛崎で燃え尽きてしまったようだ。竜飛ロスだ。。。

この夏、またどこか遠出をするためにも、リハビリをしておかないとということで、うちからアプローチしやすい秩父へとターゲットを定め、以前からルートラボには引いてあった大血川林道に行ってみることにした。

Mitsumine000以前も利用した西武線から秩父鉄道へ直接乗り入れている快速急行で、終点三峰口駅へ。
途中でスイッチバック2回と切り離し1回が楽しめます。

Mitsumine019出発してほどなく、R140から分岐し大血川沿いを上っていく。

Mitsumine002日陰を見つけては休みながら、ゆっくりゆっくり上る。
車はほとんど通らないので気楽に走れる。

Mitsumine025あまりの暑さに、大血川のきれいな水に入りたくなる。

林道のピーク近くにトンネルがふたつある。
どちらも照明のないトンネルだが、ほとんど車が通らないのでよく耳をすまして前後に車の音がしないタイミングで抜ければまったく心配ない。

Mitsumine037ひとつめ。駆ヶ越(かけごし)トンネル(275m)
このトンネルはカーブになっていて入口からは出口を見ることができない。音だけを頼りに車の走っていないことを確認し飛び込む。
出口からは視界が開ける。

Mitsumine004山山山の重なりが美しい。
ここまで上ると標高は1100mを越えているので、さすがに風が涼しく気持ちいい。

Mitsumine041振り返ると、山肌に沿って今走ってきた林道が。

Mitsumine042
Mitsumine043ふたつめ。三峰トンネル(488m)
こちらはまっすぐで出口が見える。入口付近がピークで、出口に向かってゆるい下りとなっている。
1200mオーバーのちょっとした峠なのだが、検索しても名前らしきものはなさそうだった。
なんとか峠とか名前をつければ(さらに道標を立てれば)、峠好き自転車乗りとしてはうれしいかも。
まあ、名前の有無に関係なく峠は峠なのだが。

トンネルを出たところで大休止をし、数キロ下って三峯神社に到着。

Mitsumine044駐車場に自転車を置いて、神社を目指して歩き始めるとすぐに鳥居がある。
大きな鳥居の両側に小さな鳥居のある珍しい形で三ツ鳥居というらしい。
また、鳥居の前で守っている狛犬は狼だ。この先登場する狛犬もすべて神の使いの狼ということだ。

Mitsumine010
Mitsumine052美しい門(随神門)をくぐり、拝殿へ向かう。
関東一のパワースポットということで、普段そういうことに鈍い僕でも"気"を感じる。(気がした)

Mitsumine011そして石段の上に美しい拝殿が見えた。
もうここまで来ると、周りの木々と静寂とパワースポットという予備知識とで、いやでも雰囲気に呑まれてしまう。

Mitsumine048

Mitsumine012石段を上ると拝殿の前にご神木。
手をつけてお祈りするとご神木の気がいただけるとのこと。皆さんが触れる所が変色している。

Mitsumine013

Mitsumine014極彩色の彫刻を施された拝殿は、日光東照宮のよう。

しっかりパワーを注入していただき、秩父湖二瀬ダムに向かい10km、標高差500mのダウンヒル。
ただ道路が狭く、路線バスに続く乗用車の車列に挟まれたまま、かなりゆっくり下りになってしまった。

Mitsumine054ダムの上を信号による交互通行で通る。信号が変ってしまうといけないので、上で写真を撮る余裕はなく、車に遅れないように必死で走る。

Mitsumine057途中ちょっと脇道に逸れると、滝沢ダムのループ橋を見上げられる道路に出た。
上から見るとその高さに驚くが、こうして下から見上げるとさらにその高さの迫力が増す。

Mitsumine058自転車の写真を撮っていなかったので、なんでもない橋で一枚。

標高を下げると風が熱風だ。ずっと下り基調で三峰口駅に戻る。
西武線直通の急行に間に合ったので、西武秩父まで行かずにここでゴールとする。

Mitsumine059急行熊谷行と西武線直通池袋行が並んで出発を待つ。
跨線橋はなく、線路を直接渡るので、このような写真が撮れる。
西武線に入るまで貸切状態の列車で、帰りもスイッチバック-連結-スイッチバック。

今回のコースは紅葉シーズン用に引いていたルートだったが、秋にのんびりしてるうちに通行止めになってしまい結局走ることはなかった。
あちこちのブログで上りがきついようなことが書いてあったので心配していたが、確かに楽ではないが、上り距離も短いし休みながらであれば上れることがわかったので、次こそ紅葉の時期に走ってみたい。

さてリハビリしてパワーもいただいたので、夏の遠出計画としよう・・・

開始日時 2015/07/11 09:36:06 終了日時 2015/07/11 15:51:17
水平距離 47.47km 沿面距離 47.59km
経過時間 6時間15分11秒 移動時間 4時間36分35秒
全体平均速度 7.61km/h 移動平均速度 10.32km/h
最高速度 52.63km/h 昇降量合計 2057m
総上昇量 1036m 総下降量 1021m
最高高度 1213m 最低高度 324m


ルートマップ



« 津軽半島一周(龍飛崎で竜飛崎を聴く)(3日目:龍飛崎~新青森) | トップページ | リハビリのはずが・・・(白葉峠~梅田湖) »

旅の記録」カテゴリの記事

輪行」カテゴリの記事

関東」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1280207/60816700

この記事へのトラックバック一覧です: パワースポットで気を注入(大血川林道~三峯神社):

« 津軽半島一周(龍飛崎で竜飛崎を聴く)(3日目:龍飛崎~新青森) | トップページ | リハビリのはずが・・・(白葉峠~梅田湖) »