2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

Twitter

« リハビリのはずが・・・(白葉峠~梅田湖) | トップページ | 奥日光ナメてましたスイマセン(湯西川-山王峠-日光) »

お手軽ルートで田口峠(軽井沢~田口峠~下仁田)

2015/10/12(月)

ルートマップ

トンネルの先に田口峠。
Taguchi073

10月の3連休、泊まりがけで出かけたかったのだが、中日が雨予報。
この歳になると、無理はいかんと大人の決断であっさり諦め、最終日の日帰りコースに切り換える。
コースは以前からルートラボに入れてあった田口峠。長野側から少し上って群馬側に長ーく下る、お手軽楽々ルートだ。(ルートマップのプロフィール図を見ていただくと上りと下りの落差の違いがお分かりいただけるかと)

出発は佐久平駅ではなく軽井沢駅。特に意味はなく、確か駅近に早朝からやっているマックがあったな程度の決め方で。
東京駅から北陸新幹線、始発の「かがやき」は軽井沢に停車しないので、次の「はくたか」で輪行。
はくたかは自由席もあるので先頭に並んで定位置を確保。いつものことだが、指定席はいっぱいでも自由席はガラガラだ。

7時半ちょいには軽井沢駅到着。さすがにこの時間では降りる人もほとんどいない。
予定していた駅近のマックでゆっくりと朝食をとり、佐久方面へ出発。

Taguchi021R18を進むと間近に浅間山。山頂の向こう側からいつものごとく白煙が上がる。
ここからはR18を逸れて旧中山道を選んで走る。

Taguchi024まずは追分宿。こんなところをのんびり走るのは楽しい。

Taguchi030そして御代田駅で「しなの鉄道」を渡り、小田井宿。

Taguchi002
Taguchi005佐久の市街地県道から東側の脇道に入り、「茨城牧場」の中を通る気持ちのよい道端で小休止。犬の散歩の人、ジョギングの人と挨拶を交わししばし雑談。
気温も風もちょうどよい自転車日和。

Taguchi034臼田方面に向かっていると、こんな直線道路を発見!迷わず飛び込む。
道の両側では稲刈りの真っ盛り。
(緊急時には飛行機も着陸できそう)

Taguchi042
Taguchi038
Taguchi040直線道路が終わってすぐのところに龍岡城五稜郭がある。五稜郭は、函館とここ日本で二つしかないとのこと。
函館の五稜郭は有名だし昔仕事のついでに一度行ったことがあるが、この五稜郭は知らなかった。
函館五稜郭に比べ規模は小さいが、星形の尖ったところの石垣もしっかり残っている。
城郭の中は小学校になっていた。

Taguchi057
Taguchi045
Taguchi048
Taguchi054
Taguchi051五稜郭のすぐ近くに立派な鳥居。正面の山にあるのが新海三社神社(シンカイサンシャジンジャ)。
巨木の参道を抜け石段の上に静かに拝殿が佇む。山全体が神社とのことで、広い敷地の中に神楽殿や三重塔、十二社合殿、天神社も建つ。三重塔は1515年建立との説明書きがあった。

Taguchi010神社からゆるゆると上り始める。約5kmで雨川ダム湖。エメラルドグリーンの湖面が美しい。

Taguchi065
Taguchi067ダム湖のすぐ先に、「日本で一番海から遠い地点」の標識があった。海から一番遠いのは北海道の真ん中あたりのイメージがあるが、こんなところにありました。案内図を見るとゲートから2kmほど歩くらしい。沢を歩きますとの看板があったので先に進むことは断念した。
他に人も見当たらなかったので、もし沢を登っている人がいなければ、この瞬間日本人一億数千万人中で一番海から離れたところにいたのは僕だったということになる。

Taguchi011さらに静かな林道を上る。もう一時間近く車もバイクも通らない。
ときどき山の中のガサゴソいう音にビクつきながらも、のんびりと上る。この辺りにはカモシカもいるらしい。ガサゴソは猿か熊かカモシカか。。。

Taguchi077雨川ダム湖からさらに5kmほどで、田口峠に到着。冒頭のトンネルを抜けた所に峠の道標が建っている。
ここは峠ではあるが長野-群馬の県境ではない。県境はここからかなり下った先になる。

Taguchi081
Taguchi083ところどころ岩山を仰ぎながら、九十九折りの斜面を下る。この急カーブと狭さは車で通るには厳しそう。
何時間ぶりかでバイクとすれ違う。よかった人類は滅亡していなかったんだ。

Taguchi088群馬県南牧村に入り、ここは勧能集落辺り。斜面に沿って建つ家々がいい感じです。

Taguchi091峠から約15km、「蝉の渓谷」の案内板。ずっと下りでブレーキを握る手も疲れたところで小休止。
夏は蝉がたくさん鳴くのかなと思ったら、どうも「狭水」から「セミ」に「蝉」を当てたらしい。こう見ると確かに狭い水だ。

さらに下って下って、途中「道の駅オアシスなんもく」で遅い昼休憩をとり、上信電鉄下仁田駅が本日のゴール。

Taguchi092
ここはかなり前に何度か利用(輪行ではなく)しているが、雰囲気が変わらずいい感じだ。是非このまま建て替えないでほしい。(というのは他所者の勝手ですね)
出発時間が迫っていたため、バタバタと準備をし車両の写真を撮る間もなく、走って滑りこむ。(一本逃すと一時間近く待たなければならないので・・・)

急に決めた割には、なかなかの良ルートだった。毎回のことだが、あちこちのブログも参考にさせていただいた。先人たちのルート開拓に感謝です。

開始日時 2015/10/12 07:47:02 終了日時 2015/10/12 14:37:03
水平距離 69.87km 沿面距離 69.93km
経過時間 6時間50分01秒 移動時間 4時間49分59秒
全体平均速度 10.23km/h 移動平均速度 14.47km/h
最高速度 37.44km/h 昇降量合計 1826m
総上昇量 577m 総下降量 1249m
最高高度 1118m 最低高度 259m

ルートマップ

« リハビリのはずが・・・(白葉峠~梅田湖) | トップページ | 奥日光ナメてましたスイマセン(湯西川-山王峠-日光) »

」カテゴリの記事

旅の記録」カテゴリの記事

甲信越」カテゴリの記事

輪行」カテゴリの記事

コメント

のんびりはしれる静かな林道、追分宿や小田井宿、、
日帰りでいける場所でこんなに良いところあるんですねー!
いつもながら参考になります!
ダム湖の色や湖面の輝きもキレイですね。
トンネルの中からの写真、撮ってみたいです^^

下仁田駅はこのまま変わってほしくないですねー!
少なくとも僕が行くまではww

名前も書かずにコメント投稿しちゃいました^^;;
先ほどのコメントは linton ですー!

>lintonさん

日帰りでも余裕ののんびりルートでした。
かなり早く帰れたので、もう少し周辺に脚を延ばしてもよかったかもしれません。
下仁田からの帰りも時間はかかりますが、高崎乗り換えで一本で都内まで帰ってこれるし、輪行向きですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1280207/62087422

この記事へのトラックバック一覧です: お手軽ルートで田口峠(軽井沢~田口峠~下仁田):

« リハビリのはずが・・・(白葉峠~梅田湖) | トップページ | 奥日光ナメてましたスイマセン(湯西川-山王峠-日光) »