2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

Twitter

« 北斎の富士と笹子隧道(上野原駅~笹子~甲斐大和駅) | トップページ | ミニベロ散歩 谷根千あたり »

西伊豆スカイライン~旧天城トンネル(担ぎあり・・・)

2016/12/18(日)

ルートマップ


Nishiizu061_2(戸田港町)

前回の笹子隧道ライドに続き今回も富士山眺め旅。
3年前、小径車Tyrell号で走った西伊豆スカイラインへ。(今回ロードでもヘロヘロ具合は変わらなかった・・・やっぱりね)

Nishiizu027_2

Nishiizu003出発は、修善寺駅。
駅舎が新しくなってからは初めて。駅舎内もとてもきれい。7-11もあり補給して出発にちょうどよい。
前回はSuicaで乗ってしまい、三島の乗り換えで精算やらなにやら面倒な目に合ってしまったので、今回は初めから切符。(メモ:都内JR駅の券売機で修善寺駅まで購入できた)

Nishiizu029修善寺温泉街。(みくりちゃんはいないな、、、)

Nishiizu030
Nishiizu031_2気持ちのいい景色の中をゆっくり上る。
出発からずっと上りで休ませてくれない。

Nishiizu034
Nishiizu036だるま山高原レストハウス。

富士山!美しい!!
ついついのんびりしてしまう。いつまでも見ていたいが出発しよう。

Nishiizu042_2レストハウスからさらに上ること10分で戸田峠。
峠と言っても直進し戸田の町へ向かうルートのピークであって、西伊豆スカイラインは、ここを左折しさらに上りが続きます。

吐く息は白いが、汗をかく、上りあるある状態で進む。

Nishiizu049雪を冠った南アルプスまでよく見える。

Nishiizu051ちょうど富士山に雲がかかってしまった。
右端の雲の中あたりが富士山(のはず)

Nishiizu055_2
Nishiizu058尾根に出ると、ずっとこんな快適な道路が続く。
車もバイクも少なく、この景色独り占め。

Nishiizu069
Nishiizu074雲が下りて、一度は隠れた富士山が頭を出すタイミングもあった。

Nishiizu078
Nishiizu082風早峠。

今回は天城越えを予定しているが、時間的にきびしくなってきた。
急いで湯ヶ島まで下ろう。

湯ヶ島への下りは日陰で凍結しているところがあり、スピード注意だ。

Nishiizu084

下田街道に出たところですでに14時を回っていた。天城まではまた上らなくてはいけないが、明るいうちに着けるだろうか。とにかく行けるところまで行ってみよう。

で、
行ってみたら、、、
こんなことに。

Nishiizu090下田街道と分岐したところ、旧天城トンネルへの入り口。

全然調べてなかった。
歩行者も通行止とはっきり書いてあるので、これは無理だ。

Nishiizu013_3迂回路、歩行者は遊歩道へと書いてある。旧トンネルの入り口に行けるようだ。
遊歩道・・・快適な散歩道を想像してしまった。のんびり自転車押して行けばいいかと。(・・・全然違った)

Nishiizu092
Nishiizu093_2遊歩道入り口(らしきところ)
これどこが道だ?先の方に階段あるからここが道か?
快適な散歩道とは程遠い、登山道だ。

この右下には国道のトンネルがある。そこを通ればなんの問題も無いのだが、せっかくなので旧トンネル見てみたいな。案内には300mと書いてある。まあ大した距離じゃない。入り口のこの感じだと押し歩き+ところどころ持ち上げれば行けそうだ。
と、悩んでいる所に山歩きの一行が降りてきた。

この先トンネルは通れますか?
  うん、トンネルからは問題ないよ。
自転車で上がれますか?
  え?自転車?うーん、まあ行けなくはないかな。
  木とか落ちてるからね。
そのくらいは持ち上げるので。(最近それ慣れてるので)
  がんばって。行ける行ける。ワイワイガヤガヤ・・・

と、見送る雰囲気になっている。引くに引けなくなって見送られながら突入。

Nishiizu095少し上って振り返ると結構急坂。

Nishiizu015なかなか整備されてるね。
ただ階段は急すぎて、自転車を担がないと上れない。フレームの三角に肩を入れて担ぐというの初めてやってみた。やったことないのでぎごちない。ネットで見たシクロクロスの写真を思い出しながら。

Nishiizu096
Nishiizu098
Nishiizu097なんかすごいことになってきた。
道の見分けがつかなくなってきて、遭難するんじゃないかと思った。
ただ、振り返ると下りを戻っていくのは斜面が急すぎて無理そうだ。
前進あるのみ。。。

自転車を置いて、先の道を確認しに行くと階段があった。
なんとか遭難せずにすみそうだ。

Nishiizu100自転車を担いで階段を上る。この階段この先で折り返して続き長かった。
担ぎが段々慣れてきていいバランスになってくる。
ホイールの軽量化効果がこんなところで発揮されるとは。。。

距離300m、標高差90mを悪戦苦闘すること20分。

到着しました!

Nishiizu016旧天城トンネル。

16:30なんとかまだ明るいうちに着いた。
石組みの美しいトンネルだ。担いで上ってきた甲斐があった。

ここからは河津に向かって下るだけだ。
気温がどんどん下がり冷えてくる。ユニクロウルトラライトダウン出番だ。

Nishiizu104
Nishiizu105トンネルを抜けると、しばらくダートが続くが、路面がしっかり固まっているので普通に乗って走れる。
自転車ってやっぱり担ぐより乗るもんだよね改めて感心しながら、どんどん下る。デタラメな天城越えを無意識に口ずさみながら、どんどん下る。

Nishiizu108
Nishiizu109河津七滝ループ橋。
ここも来てみたかったポイント。こういう曲線て美しい。

河津の町までさらに10km下って、本日のゴール。

Nishiizu110
Nishiizu111伊豆急行・河津駅。

駅員さんに快く了解いただき、構内改札横のスペースでゆっくり輪行準備。
(メモ:伊豆急行からJR東日本へはSuica利用OK)

(いろいろな意味で)盛り沢山な一日だった。
翌日は普段痛くならない肩や背筋が痛かったのは言うまでもない(汗)

日の短いこの季節に西伊豆スカイラインと天城越えを欲張って組み合わせるには、もう少しペース配分を考えないとダメですね。スカイライン景色良すぎるのでのんびりしてしまうと、後半が寒いし暗いし辛くなってしまう。
でも、年々暑さに弱くなっている僕としては、夏は体力的にこのルート走れないだろうな。だるま山レストハウスまでたどり着けるかどうかも怪しい。
せっかくの伊豆なので、温泉でも組み合わせてゆっくり一泊コースにするのもいいかな。

また、走りたいルートです。(事前に旧道情報調べてからにしましょうね)

開始日時 2016/12/18 09:21:59 終了日時 2016/12/18 17:32:59
水平距離 68.97km 沿面距離 69.15km
経過時間 8時間11分00秒 移動時間 5時間53分12秒
全体平均速度 8.45km/h 移動平均速度 11.75km/h
最高速度 59.07km/h 昇降量合計 3434m
総上昇量 1688m 総下降量 1746m
最高高度 936m 最低高度 7m

ルートマップ

« 北斎の富士と笹子隧道(上野原駅~笹子~甲斐大和駅) | トップページ | ミニベロ散歩 谷根千あたり »

」カテゴリの記事

旅の記録」カテゴリの記事

東海北陸」カテゴリの記事

輪行」カテゴリの記事

コメント

I got this website from my friend who told me concerning this web site and at the moment this time I am visiting this web page and reading very informative content here. kbdkedkadegk

> to Johna254

Thank you for coming!
Please enjoy this blog.

明けましておめでとうございます。
12月の半ば過ぎに、西伊豆スカイライン単走ですか?
さすがです。
次回も期待してます。
今年も宜しくお願いします。

>小五郎さん

明けましておめでとうございます。

この時期、空気が澄んでいて富士山がきれいに見えるんじゃなかろうかと行ってみました。
夕方はさすがに寒かった(>_<)
でも景色は素晴らしかったです!

本年もどうぞよろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1280207/68949437

この記事へのトラックバック一覧です: 西伊豆スカイライン~旧天城トンネル(担ぎあり・・・):

« 北斎の富士と笹子隧道(上野原駅~笹子~甲斐大和駅) | トップページ | ミニベロ散歩 谷根千あたり »