2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

Twitter

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年5月の4件の記事

能登半島(ほぼ)一周(番外編:鉄道まとめ)

GWの能登半島行での駅や鉄道関係をまとめてみました。
廃線となった旧駅跡もいくつか訪ねることができました。廃線跡って不思議と惹かれるものありますね。

本編はこちら、
 2017/04/30 能登半島(ほぼ)一周(1日目:金沢~輪島)
 2017/05/01 能登半島(ほぼ)一周(2日目:輪島~恋路)
 2017/05/02 能登半島(ほぼ)一周(3日目:恋路~七尾)

= = = = = = = = = =

【北陸鉄道浅野川線/内灘駅】うちなだえき <地図>
Noto036
Noto035
Noto034 金沢駅から延びる浅野川線の終着駅。
 かわいい形の駅舎だ。
 車両は元京王井の頭線(ネット検索情報)

= = = = = = = = = =

【のと鉄道能登線(2005年廃線)/蛸島駅】たこじまえき <地図>
Noto184
Noto185
Noto189
Noto188
Noto187 のと鉄道能登線:穴水駅~蛸島駅の終着駅。
 駅の裏手の階段を上ると当時のホームに出た。
 廃線後もしばらくはホームに車両が止められ、観光用(?)に駅舎や車両が開放されていたようだが、今はそれも廃止されたのだろう、荒れ放題だ。

= = = = = = = = = =

【のと鉄道能登線/正院駅】しょういんえき <地図>
Noto194
Noto190
Noto191
Noto192 駅付近案内図がそのまま残っている。
 また駅舎入り口上の時計(おそらく新しいものであろう)は、この時正確な時間を指していた。
 すでにレールは撤去されている。

= = = = = = = = = =

【のと鉄道能登線/珠洲駅】すずえき <地図>
Noto195
Noto200 道の駅すずなりの一画に、ホームとレールの一部が残されている。
 駅舎はない。解体撤去されたのだろう。

= = = = = = = = = =

【のと鉄道能登線/恋路駅】こいじえき <地図>
Noto211
Noto213
Noto214
Noto215_2 田んぼの向こうの少し高くなったところにおもしろい形の駅舎が見える。
 ホームまで上ることができた。
 現在は観光用に足こぎトロッコが運用されているらしい。(この日は終了時間後)
 写真に写る代かきをしているおじさんがちょうど休憩に上がってきて、しばし能登談義。
 能登線の廃線に当たってのあれこれも話していただいた。(複雑すぎて割愛m(_ _)m)

= = = = = = = = = =

【のと鉄道能登線/波並駅】はなみえき <地図>
Noto228
Noto229
Noto231 ホームからは国道を挟んですぐ海。ホーム上からその海に浮かぶようにきれいな立山連峰を見ることができる。

= = = = = = = = = =

【のと鉄道七尾線/穴水駅】あなみずえき <地図>
Noto255
Noto256
Noto259 七尾線は、ここから輪島まで(輪島線)延びていたが、2001年穴水駅-輪島駅間が廃止され、現在の終着駅となっているとのこと。
 また、廃線になる前の能登線もここから接続していた。

= = = = = = = = = =

【のと鉄道七尾線/西岸駅】にしぎしえき <地図>
Noto265 「花咲くいろは」(詳しくは知りません)の湯乃鷺駅のモデルになった駅とのこと。
 帰ってから知りましたが、駅舎の中は花咲くいろは一色だった模様。 
 また、NHKの「にっぽん木造駅舎の旅」でも紹介された駅らしい。
 通りすがりに、いい感じの駅舎だなと思って、外から撮っただけで素通りしてしまった。もう少しじっくり見てくるんだった。

Iroha_2 帰ってからこの駅のことを検索していて見つけた花咲くいろはの1シーン。本当に知らずに撮ったのかという同じアングル。これ見た時はちょっと怖くなった。

= = = = = = = = = =

【JR七尾線/のと鉄道七尾線/和倉温泉駅】わくらおんせんえき <地図>
Noto281 能登島から能登島大橋で戻った道なりの正面。
 信号待ちで駅舎のみ撮影。

= = = = = = = = = =

【JR七尾線/のと鉄道七尾線/七尾駅】ななおえき <地図>
Noto283 今回の自転車旅のゴール。
 ここ七尾駅と和倉温泉駅とのJR七尾線、のと鉄道七尾線の乗り入れ関係がややこしや。

今回は走るルート以外は、なるべく事前情報を仕入れずに行ったので、後から調べると鉄道関係の見どころも見逃してしまった所たくさんありました。
事前リサーチしすぎても発見や驚きが薄くなりつまらなくなるし、しなさすぎると見所を逃してしまうし、このあたり悩みどころですね。

(番外編おわり)

能登半島(ほぼ)一周(3日目:恋路~七尾)

ルートマップ (2017/04/30~05/02)

Noto280
3日目、正直あまり期待してなかったので驚いたなー・・・

能登半島(ほぼ)一周
 1日目4/30:JR金沢駅~輪島(119km)
 2日目5/01:輪島~能登町恋路(81km)
 3日目5/02:能登町恋路~JR七尾駅(86km)

能登半島(ほぼ)一周(2日目:輪島~恋路)からのつづき

----------
【2017/05/02(火)】 3日目

最終日、朝から快晴。
この3日間本当に天気に恵まれた。厳しかったのは初日の強風の砂嵐くらいだったか。

コンビニで念のための補給食を補充し、出発!

Noto221少し海から離れちょっとした山越えをし下ったところに、きれいに整備された町並み。
能登町宇出津。

町を通り抜けると海沿いの道に突き当たった。

Noto223
Noto224一瞬、何かわからなかった。
 ・
 ・
 ・
海の上に雪の山々が浮かんでいる。
え?これなの?これがあれなの?見えちゃうの?こんなにきれいに見えちゃうの?
立山連峰だ。

山に曇がかかってしまえば当然こちらからは雲しか見えないわけで、なかなかはっきり見ることはできないというのを噂程度には知っていてまったく期待していなかったので、驚いたというか茫然というか。

ここを逃したら、もう見られないのではないかという不安もあり、かなり長いことここに留まり、コンデジとスマホの限界を感じつつ何枚も写真を撮った。
実はこの先ずっとこの景色を見ながら走ることになり、さらには山はどんどん大きくなっていったのだが、この時は後の展開はまったくわからなかった。

事前調べ魔(単に心配性)の僕にしては、この景色だけはどこから見えるとかまったく事前情報を調べていなかったので、ここで登場したのか、こう見えるのかとほんとうれしい驚き。

ネット情報の確認作業ではない旅という実感。
(このボケた写真では伝わりようがないのに文章だけ熱くなってしまった・・・)

Noto235
Noto238
Noto241海沿いの道を走っている間中ずっと一緒。

Noto243
Noto250

Noto248海から離れても、海沿いに戻ると、また登場。

写真を撮っていると散歩していた地元の方が、今日はきれいに見える、運がいいねと。
そうそう、昨日の天気といい、今日の景色といい、ちょっとツキすぎていて怖いくらいだ。
こういう時ほど走りは気をつけないとと思うが、ついつい頬が緩んでしまうのはどうしようもないですね。

穴水の町に入るまで、ずっと絶景を見ながら快適ライドとなった。

Noto255穴水駅で昼食休憩。

ここからは、のと七尾線沿いに進むので、なにかトラブルがあってもいつでも離脱できる安心感。
鉄道が通っているところに出ると最果て感が薄れてくる。
旅もそろそろ終わりだな。。。

Noto262ボラ待ちやぐら。
これは現役で稼働しているのだろうか、観光用なのだろうか。こんな車がバンバン通るところで漁はできないだろうな。
人影らしきものが乗っているが、サイズ的に人形だろうか。
疑問だらけ。

Noto266
Noto270この橋を見てしまったら渡りたい欲が抑えられない。
能登島に架かる、ツインブリッジのと。
橋の上は強風なので、歩道を通り渡る。

Noto274七尾湾沿いを最短で通り、向こうの橋から戻る。
一応能登島に上陸したということで。

Noto275
Noto279こちらは、能登島大橋。
なかなかの長さ、そして真ん中上ります。

能登半島に戻ったところが和倉温泉。和倉温泉駅もすぐ。
線路沿いに隣の七尾駅まで走ることにする。

Noto283JR七尾駅。
今回の旅はここでゴール!

平日なので勉学に励んだ高校生に囲まれるホコリまみれおじさん状態で金沢駅まで移動し、北陸新幹線で東京へ。

無事に3日間走ることができました。
初能登を堪能しました。能登半島はぐるりの距離はあるけれど、海沿いにはずっと集落が点在し民家があるので、安心して走れます。津軽半島のような何もない誰もいない何かあったらいつ発見されるのだろう、というような心配はいりません。

やはり年に一度くらいは、このくらい時間をかけた満足のいく(納得のいく)旅をしたいものです。

(おわり)

・・・廃線駅をいくつか見てきたので番外編でまとめる(かも)
開始日時 2017/05/02 08:01:42 終了日時 2017/05/02 15:27:46
水平距離 85.99km 沿面距離 86.09km
経過時間 7時間26分04秒 移動時間 5時間08分38秒
全体平均速度 11.58km/h 移動平均速度 16.74km/h
最高速度 48.31km/h 昇降量合計 1368m
総上昇量 687m 総下降量 681m
最高高度 146m 最低高度 1m

ルートマップ

能登半島(ほぼ)一周(2日目:輪島~恋路)

ルートマップ (2017/04/30~05/02)

Noto114
2日目、うれしい誤算からの出発・・・

能登半島(ほぼ)一周
 1日目4/30:JR金沢駅~輪島(119km)
 2日目5/01:輪島~能登町恋路(81km)
 3日目5/02:能登町恋路~JR七尾駅(86km)

能登半島(ほぼ)一周(1日目:金沢~輪島)からのつづき

----------
【2017/05/01(月)】 2日目

明け方、強い雨の音で目が覚めてしまった。やっぱり雨か、予報通りだ。
もう少し寝ていたかったが一度目が覚めてしまうと眠れない。テレビを見ながらゴロゴロ。時間になったので朝食をとっているうちに、雨はだんだん弱くなってきた。これはもう少しで止むのでは?と、予定の出発時間を少し遅らせ、ひよっこを観てほっこりしていると、完全に止んだようだ。

午前中は雨を覚悟していたので、うれしい誤算だ。持ってきた合羽は再び圧縮袋に収めサドルバッグに入れ、出発だ!

Noto110朝市通りは、出発を遅らせたのでちら見してスルー。

Noto112走っているうちに雲はだんだん薄れてきた。いい感じだ。
この半島感の景色もいい感じ。

Noto115
Noto119出発から約10km、ちょっとしたアップダウンを越え、白米千枚田に到着。
棚田はこのタイミング、田植えの直前で水が張られた姿が美しい。

昨日はほとんど見かけなかった自転車乗りが数名。いたのね、能登を走っている人いたのね、勝手に親近感、連帯感。
皆さん思い思いに撮影会。

Noto122ときどき振り返らないと、素敵な景色を見逃してしまう。この海岸線が半島感。

Noto135昨日に続き、海岸沿いを走っていると奇岩が登場。窓岩。

Noto137
Noto136
Noto145国道のトンネル入り口で、車の入れない分岐したトンネルがあったので入ってみた。この写真の扉の先の真っ暗な中を恐る恐る進み、出口まで来ると扉が閉まっていてまた真っ暗な中を戻って来ることに。
さらにこの外側にも遊歩道があったが、そこもしばらく行くとなにやら怖い空間になり、ここも断念し、諦めて国道の車の通るトンネルへ。

抜けたところが、垂水の滝。海に直接流れ落ちる。

Noto150
Noto158
Noto159千畳敷やら、オヤジやら、塩田やら。
もうすっかりいい天気。昨日より涼しく快適な自転車日和となった。

Noto165突然のスタート。なんのフラグだ。うーん、スタートといわれてもね。
まあがんばって上りますけど。

Noto166
Noto167
Noto169なかなかの絶景ロード。
距離が短いのでなんとか上れました。ちゃんとゴールもありました。

Noto171
Noto172板張りに黒瓦の独特の造りの家の小さな集落が、ぽつりぽつりと現れる。
なんとも美しい。

Noto175
Noto173
Noto180
Noto176着いたー。禄剛埼。
能登半島最先端。最果て感ムンムンだ。

遊歩道的な急坂を自転車を押し上げる。パラパラといる観光客の皆さんの好奇の目ももう慣れっこだ。なるべく邪魔にならないように歩きの人と同じペースで上るが、なかなかしんどい。
自転車を入れた画を撮りたいためだけにがんばるマン。

ここまでなかなかいいペース。
ここからは、大した起伏もなく本日の宿まで海岸線をのんびりと進む。
途中、能登線の廃線跡などを見る余裕を見せつつ。(鉄関係は番外編にでもまとめるとしましょう)

Noto206
Noto203
Noto204きれいに整備された公園から海岸に出ると、いきなり現れる。見附島。(軍艦島)
想像していたよりも大きい。軍艦かどうかは不明だが、確かに大きな船の形ではある。

海岸には、「えんむすびーち」と書かれた幸せの鐘的なものがあり、メインターゲットであろうカップルではなく、子どもたちがふざけてガンガン鳴らす、静かな景色に大音量のガランガランが響き渡る。なんか違う。。。

Noto217本日の宿を確認。夕飯に間に合う時間に無事到着。
ここ恋路海岸からは軍艦の側面が見える。

今日も濃い一日だった。雨予報も外れなにより。
この2日でイベント的なものはほぼ終わり、明日の最終日は特に予定しているポイントもなく、のんびりと輪行予定駅までのつもりでいた。

が、、、この時は想像もしていなかった絶景が待っていました!

能登半島(ほぼ)一周(3日目:恋路~七尾)へつづく


開始日時 2017/05/01 08:41:06 終了日時 2017/05/01 16:49:13
水平距離 81.39km 沿面距離 81.47km
経過時間 8時間08分07秒 移動時間 5時間18分20秒
全体平均速度 10.01km/h 移動平均速度 15.36km/h
最高速度 42.41km/h 昇降量合計 1286m
総上昇量 656m 総下降量 630m
最高高度 115m 最低高度 3m

ルートマップ

能登半島(ほぼ)一周(1日目:金沢~輪島)

ルートマップ (2017/04/30~05/02)

Noto069_2

ゴールデンウィークは何年か続けて嶺方峠に行っていたが、一昨年から連泊遠出シリーズになっている。無性に遠くに行きたい欲が高まってくる。
2015年は津軽半島一周、2016年は白川郷-郡上八幡、そして今年は能登半島。
自転車だけでなく人生初能登だ!
漠然と能登へ行きたい、行ったことないから行きたいは、かなり前から考えていたが、本当に行こうと決めたのは2週間くらい前か。それでも僕にしてはなかなか早い決定だ。
祝日の5/3以降はさすがに宿もなかったので、5/1、2の平日を休むことにし今回の日程となった。
天気予報を眺めつつ、2日目(5/1)の雨予報は覚悟の上で、出発3日前に宿と新幹線の予約を完了。

能登半島(ほぼ)一周
 1日目4/30:JR金沢駅~輪島(119km)
 2日目5/01:輪島~能登町恋路(81km)
 3日目5/02:能登町恋路~JR七尾駅(86km)

----------
【2017/04/30(日)】 1日目

出発だ!
去年の白川郷行と同じ、始発の北陸新幹線かがやきで、去年と同じ金沢へ。
翌日が平日ということもありあまり混雑はしていない。

ツイートを眺めていると同じ新幹線に旅情派旅でご一緒させていただいた、その山さんが乗っていることがわかり、車両を移動しご挨拶へ。長野に向かうとのことでしばし雑談。こういうのってすごく楽しい(^_^)
長野駅でのお見送りありがとうございました!

Noto024
Noto026(メモ)偶数号車には去年はなかった(と思います)荷物置き場が設置されていて、大型のバッグやスキー板等が置けるようになっている。当日ツイートもしたが再度おさらい。
座席指定の予約の際にこの場所は予約済の表示となっています。最後列狙いの輪行者としては予約済でがっかりとなるわけですが、後ろから2列目を取ればこんな感じで最後列になります。シート全倒ししても当たりません。
(下りの場合、1D1Eが荷物置き場なので2D2Eが最後列)

Noto033_2
Noto004トンネル多めで居眠りしつつ、富山の辺りでは車窓の景色(走る新幹線からとは思えないくらいうまく撮れた)を楽しみながら、あっという間に金沢駅に到着。去年と同じ場所で出発の図を撮影。

天気は快晴。
北鉄浅野川線沿いを走り海へ向かう。

Noto037終点の内灘駅を過ぎると海が見えてきた。

Noto040
Noto043のと里山海道に沿って続く自転車道に入る。能登海浜自転車道というらしい。自転車道との標識しかないので、当日のツイートでは適当な名前をつぶやいていた。

快適な路面とデコボコ路面が交互にやってくる。だーれも走っている人はいないので、快適路面では居眠りしそうになってしまうが、デコボコ路面で目が覚める。
途中の休憩所。暖かな日差しと風の音、波の音で本格的に眠くなる。
しばしボーッと。。。

Noto045のと里山海道(自動車道)のSAに自転車道からも入れる。道の駅高松。

なぎさドライブウェイの標識に従い自転車道を外れ海岸へ。

Noto050_2千里浜なぎさドライブウェイ今浜口。
写真で見たことのあるあそこがここだ。

みんな思い思いに車を止めていて、もちろん車線などないのでどこを走ってよいものかちょっとビビる。車の人たちにガン見されながらこちらも適当なところを走る。

Noto051少し走ると駐車している車もいなくなるが、風が強く波しぶきと細かな砂の攻撃にあい、途中で離脱しまた自転車道へ戻る。

出入り口の風で寄せられた砂の部分を除けば、道路部分の砂はしっかり固まっていてロードのタイヤでも埋もれることなく普通に走れる。

Noto056なんかいい感じのところに出た。一般道からも離れ、何もない誰もいない。
能登に来たよ、独りでのんびり走ってるよオレ感がジワジワと湧いてくる。楽しい以外の言葉が見当たらない。

Noto062
Noto066
Noto070旧福浦灯台。現存する日本一古い木造灯台との説明板あり。
人がやっと一人通れるくらいの狭い路地を自転車を押し上げる。

Noto073
Noto074灯台の下の小さな港に沿って家々が並ぶ。静かな小さな漁村。

Noto079
Noto082しばらく海岸沿いを進むと、名所となっている岩が現れる。
巌門(上) 機具岩(下)

Noto085増穂浦海岸の世界一長いベンチ。
一人でこのベンチで休憩するのは、ちょっと落ち着かない。このベンチを眺める休憩用のベンチが必要だなとわけのわからないことを考えながら海を眺める。

Noto089
Noto092ひと山越えて、再び海岸線に出る。
トトロ岩。うーん見えなくもないが、言われなければわからない。

Noto094
Noto095天領黒島・伝統的建造物群保存地区の町並み。
通りすがりになんかいい雰囲気の町並みと思い路地に飛び込んだが、帰ってきて調べると貴重な町並みだったらしい。さっと通り過ぎてしまったがもっと見るべき所があったらしい残念。

ここから山を上り、中屋トンネルを抜けると輪島の市街地に向かって一気に下る。

Noto100輪島朝市通りを夕方眺めてみる。もちろん閑散としている。

Noto007本日の宿を確認し、すぐ前の港の夕陽で1日目の終わり。
トラブルもなく快調な一日だった。多少脚は張っているが、ままそこは温泉でじっくりとケア。

明日の午前中いっぱい雨の予報はそのまま。荷物にはなったがしっかり雨具も持ってきているので、それはそれで楽しもうと覚悟を決めて、早めに就寝。。。

→能登半島(ほぼ)一周(2日目:輪島~恋路) へつづく

開始日時 2017/04/30 09:08:03 終了日時 2017/04/30 18:13:01
水平距離 119.37km 沿面距離 119.48km
経過時間 9時間04分58秒 移動時間 6時間20分37秒
全体平均速度 13.15km/h 移動平均速度 18.84km/h
最高速度 56.38km/h 昇降量合計 1545m
総上昇量 753m 総下降量 792m
最高高度 172m 最低高度 2m

 

ルートマップ

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »