2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

Twitter

« 恒例春爛漫房総横断2017(いすみ鉄道~小湊鉄道沿線) | トップページ | 能登半島(ほぼ)一周(2日目:輪島~恋路) »

能登半島(ほぼ)一周(1日目:金沢~輪島)

ルートマップ (2017/04/30~05/02)

Noto069_2

ゴールデンウィークは何年か続けて嶺方峠に行っていたが、一昨年から連泊遠出シリーズになっている。無性に遠くに行きたい欲が高まってくる。
2015年は津軽半島一周、2016年は白川郷-郡上八幡、そして今年は能登半島。
自転車だけでなく人生初能登だ!
漠然と能登へ行きたい、行ったことないから行きたいは、かなり前から考えていたが、本当に行こうと決めたのは2週間くらい前か。それでも僕にしてはなかなか早い決定だ。
祝日の5/3以降はさすがに宿もなかったので、5/1、2の平日を休むことにし今回の日程となった。
天気予報を眺めつつ、2日目(5/1)の雨予報は覚悟の上で、出発3日前に宿と新幹線の予約を完了。

能登半島(ほぼ)一周
 1日目4/30:JR金沢駅~輪島(119km)
 2日目5/01:輪島~能登町恋路(81km)
 3日目5/02:能登町恋路~JR七尾駅(86km)

----------
【2017/04/30(日)】 1日目

出発だ!
去年の白川郷行と同じ、始発の北陸新幹線かがやきで、去年と同じ金沢へ。
翌日が平日ということもありあまり混雑はしていない。

ツイートを眺めていると同じ新幹線に旅情派旅でご一緒させていただいた、その山さんが乗っていることがわかり、車両を移動しご挨拶へ。長野に向かうとのことでしばし雑談。こういうのってすごく楽しい(^_^)
長野駅でのお見送りありがとうございました!

Noto024
Noto026(メモ)偶数号車には去年はなかった(と思います)荷物置き場が設置されていて、大型のバッグやスキー板等が置けるようになっている。当日ツイートもしたが再度おさらい。
座席指定の予約の際にこの場所は予約済の表示となっています。最後列狙いの輪行者としては予約済でがっかりとなるわけですが、後ろから2列目を取ればこんな感じで最後列になります。シート全倒ししても当たりません。
(下りの場合、1D1Eが荷物置き場なので2D2Eが最後列)

Noto033_2
Noto004トンネル多めで居眠りしつつ、富山の辺りでは車窓の景色(走る新幹線からとは思えないくらいうまく撮れた)を楽しみながら、あっという間に金沢駅に到着。去年と同じ場所で出発の図を撮影。

天気は快晴。
北鉄浅野川線沿いを走り海へ向かう。

Noto037終点の内灘駅を過ぎると海が見えてきた。

Noto040
Noto043のと里山海道に沿って続く自転車道に入る。能登海浜自転車道というらしい。自転車道との標識しかないので、当日のツイートでは適当な名前をつぶやいていた。

快適な路面とデコボコ路面が交互にやってくる。だーれも走っている人はいないので、快適路面では居眠りしそうになってしまうが、デコボコ路面で目が覚める。
途中の休憩所。暖かな日差しと風の音、波の音で本格的に眠くなる。
しばしボーッと。。。

Noto045のと里山海道(自動車道)のSAに自転車道からも入れる。道の駅高松。

なぎさドライブウェイの標識に従い自転車道を外れ海岸へ。

Noto050_2千里浜なぎさドライブウェイ今浜口。
写真で見たことのあるあそこがここだ。

みんな思い思いに車を止めていて、もちろん車線などないのでどこを走ってよいものかちょっとビビる。車の人たちにガン見されながらこちらも適当なところを走る。

Noto051少し走ると駐車している車もいなくなるが、風が強く波しぶきと細かな砂の攻撃にあい、途中で離脱しまた自転車道へ戻る。

出入り口の風で寄せられた砂の部分を除けば、道路部分の砂はしっかり固まっていてロードのタイヤでも埋もれることなく普通に走れる。

Noto056なんかいい感じのところに出た。一般道からも離れ、何もない誰もいない。
能登に来たよ、独りでのんびり走ってるよオレ感がジワジワと湧いてくる。楽しい以外の言葉が見当たらない。

Noto062
Noto066
Noto070旧福浦灯台。現存する日本一古い木造灯台との説明板あり。
人がやっと一人通れるくらいの狭い路地を自転車を押し上げる。

Noto073
Noto074灯台の下の小さな港に沿って家々が並ぶ。静かな小さな漁村。

Noto079
Noto082しばらく海岸沿いを進むと、名所となっている岩が現れる。
巌門(上) 機具岩(下)

Noto085増穂浦海岸の世界一長いベンチ。
一人でこのベンチで休憩するのは、ちょっと落ち着かない。このベンチを眺める休憩用のベンチが必要だなとわけのわからないことを考えながら海を眺める。

Noto089
Noto092ひと山越えて、再び海岸線に出る。
トトロ岩。うーん見えなくもないが、言われなければわからない。

Noto094
Noto095天領黒島・伝統的建造物群保存地区の町並み。
通りすがりになんかいい雰囲気の町並みと思い路地に飛び込んだが、帰ってきて調べると貴重な町並みだったらしい。さっと通り過ぎてしまったがもっと見るべき所があったらしい残念。

ここから山を上り、中屋トンネルを抜けると輪島の市街地に向かって一気に下る。

Noto100輪島朝市通りを夕方眺めてみる。もちろん閑散としている。

Noto007本日の宿を確認し、すぐ前の港の夕陽で1日目の終わり。
トラブルもなく快調な一日だった。多少脚は張っているが、ままそこは温泉でじっくりとケア。

明日の午前中いっぱい雨の予報はそのまま。荷物にはなったがしっかり雨具も持ってきているので、それはそれで楽しもうと覚悟を決めて、早めに就寝。。。

→能登半島(ほぼ)一周(2日目:輪島~恋路) へつづく

開始日時 2017/04/30 09:08:03 終了日時 2017/04/30 18:13:01
水平距離 119.37km 沿面距離 119.48km
経過時間 9時間04分58秒 移動時間 6時間20分37秒
全体平均速度 13.15km/h 移動平均速度 18.84km/h
最高速度 56.38km/h 昇降量合計 1545m
総上昇量 753m 総下降量 792m
最高高度 172m 最低高度 2m

 

ルートマップ

« 恒例春爛漫房総横断2017(いすみ鉄道~小湊鉄道沿線) | トップページ | 能登半島(ほぼ)一周(2日目:輪島~恋路) »

旅の記録」カテゴリの記事

東海北陸」カテゴリの記事

輪行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1280207/70493816

この記事へのトラックバック一覧です: 能登半島(ほぼ)一周(1日目:金沢~輪島):

« 恒例春爛漫房総横断2017(いすみ鉄道~小湊鉄道沿線) | トップページ | 能登半島(ほぼ)一周(2日目:輪島~恋路) »