2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

Twitter

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年6月の2件の記事

日光 千手ヶ浜(熊いた・・・らしい)

2017/06/10(土)

ルートマップ

Nikkoi060(日光 中禅寺湖 千手ヶ浜)

日光・中禅寺湖へは何度か自転車で来ているが、千手ヶ浜はいつもタイミングを逃してしまって、入ることができなかった。時間がなかったり、疲れてヘロヘロになってしまったり、寒さでそれどころでなかったりと。
今回またまたナガヤマさんに引いていただいたルート、やっと訪れることができた。千手ヶ浜はもちろんのこと、そこに到るまでのアプローチも素晴らしいところだった。

Nikkoi001
Nikkoi201ナガヤマさんとは東武日光駅で待ち合わせ。
東京組の僕とまり先生は、新宿発の特急日光一号で東武日光駅まで乗り換え無しで楽々輪行。しかもえきねっとでの予約は40%OFFという超おトク料金だった。
縦型輪行バッグなら荷物置き場に収まります。

Nikkoi157無事に合流した駅前は観光客でなかなかの賑わい。輪行解除のみなさんも多数。
天気は晴れ、予報も一日晴れ。のはずだが山の方には雲が、なんかこのパターン最近あったような。。。

Nikkoi004
Nikkoi006
Nikkoi203神橋の先、憾満ヶ淵の並び地蔵に寄り道。
ここはいつ来ても人が少なく観光客の多い日光であるということを忘れてしまう静けさ。

Nikkoi010
Nikkoi012国道に復帰しコンビニで補給し、いろは坂へ向かう。
進むべき方角の雲がなくならないな。

Nikkoi015
Nikkoi016馬返しで小休止をし、いろは坂へ。いの1番カーブから九十九折りを上り始める。

自転車を始めた年に一度上っているが、その時暑さにやられてヘロヘロになってしまい、そのトラウマでいろは坂は避けていた。今思えば気温だけでなく、当時ミニベロで乗り方もなにもめちゃめちゃでそれでやられてしまったと思う。
その後、金精峠や山王林道側から中禅寺湖へはアプローチしていたが、こちらから上るのはなんとなく避けていた。
今回は、密かにリベンジ、というか苦手克服ライドだ。

Nikkoi017
Nikkoi023
Nikkoi218いつものゆっくりペースだったが、黒髪平、明智平と上ることができた。
前の記録を見直したら、今回の倍の時間かかっていた。この距離しかないのに倍っていったいどんな走り方をしていたのか。
もう大丈夫、もう日光怖くない。

黒髪平で、コーヒー色の美しいクロモリに乗った青年と会話し、この後はしばらく一緒に走る。なんとうちの息子より年下だ。こういうところで歳を感じてガクッとなってしまう。
しかし足が長いと乗っている姿がかっこいい。

Nikkoi025
Nikkoi028中禅寺湖畔をしばらく走り、昼食は金谷コーヒーハウスユーコンでカレー。
ナガヤマさん曰く、ろんぐらいだぁす!で亜美ちゃんたちがカレーを食べていたのがこの店だそうだ。で、僕らも聖地巡礼的においしいカレーをいただく。

さてこの後はいよいよ念願の千手ヶ浜だ。
しかし店を出ると雨、ひどい降りではないが、濡れる程度には降っている。せっかくなので様子を見ながら進んでみることに。クロモリ青年も一緒に行くという。おじさんたちの誘いに断れなくなってでなければいいが。

Nikkoi032国道横に進入禁止のゲート。ここが別世界への入り口だ。
徒歩と自転車とハイカー利用のための低公害バスしか入れない。

Nikkoi034
20170610__170611_0070雨は強くなったり弱くなったり。
でももうそんなことは関係なくなっていた。この別世界にすっかり取り込まれていた。

Nikkoi039
Nikkoi042
Nikkoi045小田代ヶ原から白樺林を抜ける。
どこを向いても緑色が緑色だ。黄緑色が黄緑色だ。雨のおかげでよりきれいに輝いた色になっている。

Nikkoi048
Nikkoi051
Nikkoi216そして、千手ヶ浜。やっと来ることができた。
きれいで静かで、あの喧騒の中禅寺湖とは思えない。
みんな思い思いに撮影大会。

ここから国道まではピストンで戻る。
戻る途中で道路脇に佇むハイカーの女性がこの先で熊を見たと教えてくれた。
まだ峠への上りの途中だ。下りなら逃げられるけど上りでは無理だ。
バスが来るのを待ってバスが行き過ぎた後をみんなで走り出す。バスの音で熊がいなくなっていることを願って。結局その後ゲートに戻るまで熊に会うことはなかった。
やっぱりいるんだね。リアル熊さん。まあこの大自然の中、どこにいても不思議ではないか。熊からしたら僕らが侵入してきた邪魔者なんだろうし。
まあ無事でなにより。

竜頭の滝で小休止し、あとは一気に市内まで下る。
下りの第一いろは坂で後ろからママチャリが追いついてきたときには驚いた。熊に出会ったくらいの衝撃はあった。

Nikkoi061市内まで降りて、おいもカフェで冷えた体を温め、本日の旅は終了。

よかった。千手ヶ浜、いいところだった。
猛暑でなければいろは坂を上れることもわかった。
亜美ちゃんが食べたカレーもわかった。
足が長い自転車乗りは姿が様になることもわかった。
若いっていいなということもわかった。
足の長さも年齢も無理なことをねだってもしょうがないということもわかった。
いろいろなことがわかった今回の自転車旅でした。
もちろん、自転車ってやっぱり楽しいってことも、改めてよ~くわかりました。

 ナガヤマさんのプログ→「日光市道1002号、小田代ヶ原から千手ヶ浜へ」
 まり先生のプログ→「日光って広かった」
 (写真ありがとうございます!)

開始日時 2017/06/10 09:50:24 終了日時 2017/06/10 18:21:51
水平距離 67.51km 沿面距離 67.62km
経過時間 8時間31分27秒 移動時間 4時間34分52秒
全体平均速度 7.93km/h 移動平均速度 14.76km/h
最高速度 47.28km/h 昇降量合計 2361m
総上昇量 1178m 総下降量 1183m
最高高度 1446m 最低高度 546m

ルートマップ

富士山スカイライン 寒さで撤退

2017/05/28(日)

ルートマップ


Fuji106
いやー、寒かった。富士山恐るべしだ。
天気予報は晴れ、気温も上昇。のはずだったが、初の富士山スカイラインは、残念ながら曇りで、標高が上がるにつれ気温はどんどん下がり、予定の登山区間は断念して撤退。

今回のコースに誘っていただいたナガヤマさんとは、デカイ富士山を眺めながら走る快適ルートを同じテレビ番組で観ていて、いつか走りたいと随分前から話題にはしていた。
ただ、いろいろなタイミングで実現できないままだった。そして今回やっとそのチャンスがやって来た。

Fuji291小田急線からJR御殿場線へ乗り継ぎ、出発は御殿場駅。
ここでは、陽が射していたが、向かう方向がなんとも怪しい雲行き。
ただ予報はあくまでも晴れなので、これから晴れてくるのだろうと何の心配もしていなかった。

Fuji111前方に怪しい雲。
富士山の気配すらない。

Fuji293出発直後からずっと上りが続く。
気温は高くないが、汗が止まらない。何度もナガヤマさんの姿が見えなくなるほど遅れてしまう。体調が悪い感じもないが、脚が全然回らない。
まあこういう日もある、こういう時は無理せずマイペースが一番だ。ナガヤマさんも何も言わず、ポイントポイントで待っていてくれる。ありがたい。
自転車を投げ出し、地べたに座ってしっかり休憩。

Fuji121道路はかなりの距離、自衛隊の演習場の中を貫いている。
実弾射撃演習中の掲示通り、機関銃のような連続した射撃音が聞こえたかと思うと、ときどき大きな重いズシーンという音も。自走砲か?(いやよく知らんけど)
そんな音の中をゆっくりゆっくり上る。安定の時速一桁。

Fuji295
Fuji298苦しい上りだけど道路の雰囲気はとてもよい。車も少なく走りやすい。

ちょうどこのトンネルの手前、駅伝の山登りの練習だろうかをしているランナーに軽く抜かれた。下りなら負けないぞへへへへ、と意味不明のニヤニヤ笑いを浮かべながらあっという間に遠ざかる背中を見送る。

Fuji299水ヶ塚の休憩所で、大休止。
まったく晴れる気配がない。雨にならないだけラッキーだ。
看板に富士山の絵。おそらくその後ろに本物の富士山があるのだろう。

このすぐ先が登山区間への分岐だ。
ここで大人の決断。ナガヤマさんから登山区間断念の提案。
ここまで約1000mの上り、分岐から先は五合目までさらに標高差1000m、ここでこの寒さでは上は真冬並みだろう。しかもあの分厚い雲の中に突入することになる。雲の中は雨だろうな。
言われるまでもなくこの先は無理だ。それよりなによりここまでの上りでもう脚が残っていない。
喜んで撤退だ。

Fuji301登山区間入り口。通行注意凍結の表示が出ている。凍結、ほんと?一応冬装備は持ってきたけど、やっぱり無理。さすがに無理。いやー無理無理。

さあ下ろう。暖かい下界へ。
寒さに凍えながら一気に下る。下りっぱなしなので写真もなにもない。
上った以上の標高差をあっという間に下り、コンビニで休憩。アスファルトの地べたが暖かい。体が徐々に解凍されていく。。。パリパリパリ。チン。できあがり。
ふー、心臓が動き出し、血液が巡りだす。

Fuji304さらに富士市まで下り、ナガヤマさんプレゼンツのアドニスという店で、つけナポリタンとやらを食す。初めての感覚のスパゲティ、これはうまい。僕は食に関する情報に疎い(というか興味がない)ため、ソロライドだったらまたコンビニが牛丼店ですますところだった。

Fuji306この日初めてちらっと見えた富士山。
あの雲の中で震えてたんですねなどと言いながら写真に収める。

Fuji312ゴールは新富士駅。
ここから新幹線であっという間に帰宅。

いつか機会があったら五合目まで上ってみたい。寒いのも無理だけど、暑いのはもっと苦手だし、どんな季節に来ていいのか、いつか実現するのか、それは自分でもわからない。

 ナガヤマさんのプログ→「自転車旅CAFE/富士スカイライン」
 (写真ありがとうございます!)

開始日時 2017/05/28 09:11:21 終了日時 2017/05/28 16:15:59
水平距離 57.06km 沿面距離 57.17km
経過時間 7時間04分38秒 移動時間 3時間51分31秒
全体平均速度 8.08km/h 移動平均速度 14.81km/h
最高速度 55.10km/h 昇降量合計 2497m
総上昇量 1027m 総下降量 1470m
最高高度 1474m 最低高度 19m

ルートマップ

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »